エスピーオーとFOXホームエンタ業務提携 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月18日 > エスピーオーとFOXホームエンタ業務提携
メニュー

エスピーオーとFOXホームエンタ業務提携

2012年5月18日 20:00

[映画.com ニュース] エスピーオーと20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパンは業務提携し、フォックスが製作する一部映画作品の劇場配給・興行およびパッケージリリースにおいて共同プロモーションを展開する。エスピーオーは直営館のシネマート新宿、同心斎橋を中心に国内での上映を、フォックスは作品提供と劇場公開後のパッケージリリースを担当する。

両社はこれまでに2作品(「ラブ&ドラッグ」昨年11月19日公開、「恋人たちのパレード」今年2月25日公開)を共同で手掛けており、その実績が今回の業務提携に発展した。この2作品は、国内では未公開となる可能性が高かったが、劇場公開することで映画ファンから好評を博した。

エスピーオーの野村武寛・映画事業室シネマート総支配人は、業務提携の狙いを「映画ファンに、映画館で映画を見てもらうこと」と力を込める。作品選定は、フォックスの数ある作品群の中から、エスピーオーが国内の配給・興行を希望する映画をピックアップし、フォックス側の判断を仰ぐ。結果的に、映画ファンが好むサーチライト作品が多くなる傾向がある。

劇場公開にあたり宣伝予算は限られ、テレビスポットを中心とした大型宣伝は難しい中で、「インシアター宣伝を強化する。さらに、2大シネコンがある新宿エリアで、シネマート新宿は地域密着を今まで以上に推し進める。飲食店など近隣店舗に声をかけて、新宿3丁目で映画の前後の時間を過ごしてもらえるような施策を検討中。料金施策も考えたい」と野村氏。

タイトルは両社の合議で決め、パッケージは劇場公開時と同じタイトルでリリースする。パッケージリリースは公開から1~2カ月後を想定し、通常のウインドウより短めに設定することで、劇場公開の勢いをパッケージリリースにつなげていく。

共同でプロモーションを行う作品は、現時点で4本が決定。年間では6本前後を手掛ける方針。興収目標は各作品で異なるが、全国で1000万円がひとつの目安になる。野村氏は「提携前の2作品を通じて、作品選定や宣伝手法のコツをつかんだ。やり方次第で、日本での興行が成功するはず。本数をこなして、経験値を積み上げたい」と意欲を燃やす。(文化通信)

恋人たちのパレード[DVD] 恋人たちのパレード[DVD] 最安価格: ¥3,292 ぼくはきみの手を握った。禁じられた恋と知っていても―。『トワイライト』シリーズのロバート・パティンソン×リーズ・ウィザースプーンで贈る、禁断のラブストーリー!
ラブ&ドラッグ[DVD] ラブ&ドラッグ[DVD] 最安価格: ¥3,201 バイアグラセールスマンと奔放女子のカラダから始まる恋を描いた、エッチなのにキュンとくるロマンティック・コメディ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi