製作陣が明らかにした“外事警察”の裏側 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月17日 > 製作陣が明らかにした“外事警察”の裏側
メニュー

製作陣が明らかにした“外事警察”の裏側

2012年5月17日 14:10

(左より)岩倉達哉プロデューサー、訓覇圭プロデューサー、 堀切園健太郎監督「外事警察 その男に騙されるな」

(左より)岩倉達哉プロデューサー、訓覇圭プロデューサー、
堀切園健太郎監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国際テロを未然に防ぐために組織された警視庁公安部外事課、通称“外事警察”の姿を徹底的なリアリズムで描いた「外事警察 その男に騙されるな」のスペシャルトークショーが5月16日、都内で行われ、堀切園健太郎監督とプロデューサーの訓覇圭氏、岩倉達哉氏が出席した。

ハゲタカ」のプロデュースでも知られる訓覇氏は、「『24』じゃないですが、日本で同じようなものを作ったらどうなんだろう? と、今までに全然知らなかった(外事警察という)ものをやりました。おかげで怖い世界を知ることになるんですが」と、09年にスタートしたドラマ版の起ち上げを振り返った。映画版から参加した岩倉氏は、「たまたま第1話の脚本を読む機会があり、今までにないくらい面白かった」と語り、「(放送された映像を観て)これは映画にスケールアップしていけるものだと確信した」と、映画化への経緯を明かした。

「外事警察」の見どころのひとつは、一般の人間を“協力者”として外事警察側に取り込みスパイ活動をさせるという捜査方法。映画版では渡部篤郎真木よう子が演じているが、これは実際に行われていることだという。本作では元外事警察官が実際に監修にかかわっており、「(協力者を落とすための)マニュアルがあると聞いて怖くなった」(堀切園監督)、「本当に皆さん“偽名”なんですね。“品川区では○○という名前で職業は○○で”と、場所ごとに名前を決めていらっしゃる」(訓覇氏)という。

堀切園監督は、「外事警察官と協力者の関係に非常に興味を持った」そうで、「『自分の家族よりも大事だ』と彼らは言い切るんです。“信じる”ってなんだろうと考えました」と根底に流れるテーマに触れる。さらに、脚本作成時に見舞われた東日本大震災を振り返りながら、「こういう時にフィクションの世界をやっている場合なのかと悩みましたが、そういうときでも(外事警察の人間は本来の職務で)動いていたんですね。それを知って、悩みをのみ込むことで前に進んでいこうと頑張ってみました」と思いを語った。観客からの「続編は?」の問いには、「しばらく考える余裕がない」と苦笑いだったが、「チャンスがあればぜひやらせていただきたい」と意欲を見せた。

外事警察 その男に騙されるな」は6月2日から全国で公開。

映画 ハゲタカ[DVD] 映画 ハゲタカ[DVD] 最安価格: ¥4,010 誰かが言った。人生の悲劇は2つしかない。ひとつは、金のない悲劇。もうひとつは、金のある悲劇。世の中は金だ。金が悲劇を生む…。企画・プロデューサー:訓覇圭
外事警察[DVD] 外事警察[DVD] 最安価格: - 特殊班・警視庁公安部外事4課住本班に忍び寄るテロリストの影…。壮絶な情報戦争や探りあいを圧倒的なサスペンスで描いた社会派ドラマ。出演:渡部篤郎

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi