ベニチオ・デル・トロ監督デビュー作の日本公開が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月13日 > ベニチオ・デル・トロ監督デビュー作の日本公開が決定
メニュー

ベニチオ・デル・トロ監督デビュー作の日本公開が決定

2012年5月13日 07:45

解禁されたカンヌ映画祭用のポスター「セブン・デイズ・イン・ハバナ」

解禁されたカンヌ映画祭用のポスター
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ベニチオ・デル・トロが監督デビューを飾った「セブン・デイズ・イン・ハバナ」が、8月4日から日本で公開されることが決定。国際的に活躍する7人の監督が、キューバの首都ハバナを舞台に情緒豊な7日間を描く。

第65回カンヌ映画祭でのお披露目が決まっている同作には、デル・トロだけでなく「アレックス」のギャスパー・ノエ、「檻の中」のパブロ・トラペロ、「D.I」のエリア・スレイマン、「アナとオットー」のフリオ・メデム、「苺とチョコレート」のファン・カルロス・タビオ、「パリ20区、僕たちのクラス」のローラン・カンテが結集し、監督を務めている。

注目すべきは7人の監督だけではない。「イングロリアス・バスターズ」のダニエル・ブリュール、「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」の演技で高い評価を得たエミール・クストリッツァ監督、「ハンガー・ゲーム」のジョシュ・ハッチャーソンら豪華な面々が、魅力的なハバナの街にさらなる彩りを添える。

また、カンヌ映画祭用に制作されたポスターが公開された。ハバナで生きる多種多様な人々の日常の断片が切り取られたビジュアルは必見だ。

セブン・デイズ・イン・ハバナ」は、8月4日から全国で公開予定。

フェアウェル さらば、哀しみのスパイ[DVD] フェアウェル さらば、哀しみのスパイ[DVD] 最安価格: ¥3,541 1981年、ブレジネフ政権下のソビエト連邦で、KGB(ソ連国家保安委員会)の幹部グリゴリエフ大佐は、国家の中枢に身を置き何不自由ない生活を送っていたが、国の発展が西側諸国に大きく差をつけられていることに危機感を抱いていた。国際社会のパワー・バランスを塗り替えたソ連崩壊の引き金を引いた実在のスパイ<フェアウェル>の運命を描いたサスペンス・ドラマ。出演:エミール・クストリッツァ
ザ・プロデューサー[DVD] ザ・プロデューサー[DVD] 最安価格: ¥1,814 執拗なまでに部下を愚弄する冷徹な上司役を、アカデミー賞俳優ケビン・スペイシーが見事に演じたサスペンス・ドラマ。出演:ベニチオ・デル・トロ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi