大林宣彦監督、最新作は「映画になっているかわからない」と胸中吐露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月12日 > 大林宣彦監督、最新作は「映画になっているかわからない」と胸中吐露
メニュー

大林宣彦監督、最新作は「映画になっているかわからない」と胸中吐露

2012年5月12日 15:30

74歳・大林宣彦監督の最新作が封切り「この空の花 長岡花火物語」

74歳・大林宣彦監督の最新作が封切り
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大林宣彦監督が被災地復興の願いをこめて製作した映画「この空の花 長岡花火物語」の初日舞台挨拶が5月12日、東京・有楽町スバル座で行われ、大林監督をはじめ、富司純子原田夏希、主題歌を手がけた伊勢正三が登壇した。

舞台は2004年の新潟県中越地震から復興をとげた新潟県長岡市。熊本の地方紙記者・玲子(松雪泰子)は、音信不通だった元恋人から届いた「長岡の花火を見てほしい」という便りを胸に、東日本大震災の被災者をいち早く受け入れた同市を取材する。玲子が体験する人々の出会いや体験が、大林監督ならではの幻想的なタッチで描かれ、4月7日から新潟県で先行上映されている。

大林監督は「ありがとうの一言。戦争や災害を忘れたり、風化させたりしてはいけない。そんな願い、悼み、希望を未来に生きる命に伝えるために、この映画をこしらえた」と感慨深げ。2時間40分の長編で「もっと明瞭でウェルメイドな作品がつくれればいいが、そんな平和で余裕がある時代は、昨年の3.11で終わってしまった。悩み、もがき、考えながら作ったので、映画になっているかもわからない……」と複雑な胸中を吐露した。

それでも「このようにしかつくれなかったし、映画がもつ役割を果たせたんじゃないかと思う。この映画にはエンドマークをつけていない。ずっと終わらない物語なのです」と熱弁し、74歳にして踏み込んだ新境地に胸を張った。

原田は記者役を演じるため、10数年間伸ばし続けた髪をバッサリ切り「せっかくだから、髪を切るところを撮影させてもらった」(大林監督)、「周りの皆さんからも『切ったほうが似合う』と言われ、最初は複雑でしたが、今はとても気分がいいですね」(原田)。富司演じる老婦人には、実在のモデルがいるといい「戦争のさなか、亡くなった自分の赤ん坊を抱きながら、どんな気持ちで過ごしていたのか」。その女性からは方言のアクセントなどを指導してもらったが、今年3月に死去したそうで「完成を待ってくれて、映画を見てくださったので良かった」と神妙な表情を浮かべた。

フラガール[Blu-ray/ブルーレイ] フラガール[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 “昭和40年、閉山の危機が迫る炭鉱町。まちを救うために炭鉱会社が構想したのが、フラダンスショーを目玉にしたレジャー施設の建設だった。ダンスを教えるため、東京から呼び寄せられた元花形ダンサーは、始めは馬鹿にしていたが、ひたむきな炭鉱の少女たちの熱意に魅せられ、次第に忘れかけていた情熱を思い出し…。李相日監督×松雪泰子主演で贈る愛と勇気のエンターテイメントショー
さびしんぼう[DVD] さびしんぼう[DVD] 最安価格: - 大林宣彦監督が故郷・尾道を舞台に描いたファンタスティック・ストーリー三部作の完結編。主演は富田靖子。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi