園子温監督「希望の国」特報を入手 テーマは日本最大のタブー“原発” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月11日 > 園子温監督「希望の国」特報を入手 テーマは日本最大のタブー“原発”
メニュー

園子温監督「希望の国」特報を入手 テーマは日本最大のタブー“原発”

2012年5月11日 21:15

険しい表情で座り込む夏八木勲扮する小野泰彦「希望の国」

険しい表情で座り込む夏八木勲扮する小野泰彦
(C)2012 The Land of Hope Film Partners
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・園子温監督の最新作「希望の国」特報が公開され、今作のテーマが日本最大のタブー“原発”であることがわかった。園監督が“いま日本でこの映画を撮って、見てもらうべき”と考え、オリジナル脚本を書き上げた意欲作で、エロティックな描写や暴力描写を一切封印して撮りきった。

園監督の才能にほれ込んだイギリスと台湾の製作会社が参加し、日英台の合作となった今作は、震災後の日本をフィクションとして真正面から描く。酪農を生業とする小野家は泰彦(夏八木勲)、妻・智恵子(大谷直子)、息子の洋一(村上淳)とその妻・いずみ(神楽坂恵)の4人が穏やかに暮らしていた。隣家の鈴木家の息子(清水優)は、家業を手伝わず恋人(梶原ひかり)と遊び回り、両親(でんでん、筒井真理子)にしかられてばかりという設定だ。

ある日、大地震が発生し、原子力発電所が爆発。両家の敷地の境界で、避難区域内外が指定されてしまう。家を出なければならない鈴木家ととどまる小野家。それぞれが不安な生活をおくるなか、いずみの妊娠が発覚する。泰彦と洋一、いずみが子どもを守るためにとった行動とは……。

特報では、道路を歩く牛、羊の姿から尋常ならざる不穏な空気がひしひしと伝わってくる。さらに、マーラーの「交響曲第10番 第一楽章『アダージョ』」をBGMに、「見えているか? そこいら中に飛び交っているよ! 見えない弾が!」「みんな生きている。生きているんだぞ、ここで!」というナレーションが流れ、日本人にとって忘れることのできない、忘れてはならない光景が、見る者の脳裏にフラッシュバックのようによみがえる。

近年、新作を発表するたびに国際映画祭を席巻し続けてきた園監督作だけに、既に海外から配給の問い合わせが相次いでいるそうで、鈍牛倶楽部とピクチャーズデプトが海外セールスを行うという。

希望の国」は今秋、東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

愛のむきだし[Blu-ray/ブルーレイ] 愛のむきだし[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 幼い頃に母を亡くしたユウは、神父の父テツと二人暮らし。平和な日々を送っていたが、テツが奔放な女サオリと出会って生活が一変する。やがてサオリがテツのもとを去ると、テツはユウに「懺悔」を強要するように…。監督:園子温
戦国自衛隊 デジタル・リマスター版[DVD] 戦国自衛隊 デジタル・リマスター版[DVD] 最安価格: ¥2,691 大演習に参加するため日本海沿岸の集合地点に向かっていた、近代兵器を装備した自衛隊の一個小隊が、戦国時代の真っ只中へタイムスリップしてしまう。自衛隊員たちは天下統一の夢を追い無敵の武田騎馬隊に戦いを挑む。夏八木勲ほか出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi