生田斗真が記事見出しを考案「“牛”高由里子が足をかく!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月11日 > 生田斗真が記事見出しを考案「“牛”高由里子が足をかく!」
メニュー

生田斗真が記事見出しを考案「“牛”高由里子が足をかく!」

2012年5月11日 19:55

大ヒット御礼舞台挨拶に立った吉高由里子「僕等がいた 前篇」

大ヒット御礼舞台挨拶に立った吉高由里子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気少女コミックを実写映画化した純愛ラブストーリー2部作「僕等がいた 前篇」「僕等がいた 後篇」の大ヒット御礼舞台挨拶が5月11日、東京の新宿バルト9で行われ、主演の生田斗真吉高由里子三木孝浩監督が登壇した。

累計発行部数1200万部を誇る小畑友紀の人気少女漫画が原作。北海道の釧路と東京を舞台に、矢野(生田)と七美(吉高)が初恋を貫いていく姿を壮大なスケールで描く。現在までに、2作合計で観客動員300万人を突破する大ヒットを記録中だ。

生田は、「300万人の人が見てくれたというのは本当にすごいこと。この映画が皆さんの心に残り続けていくと思うと、一生懸命頑張ってやったかいがある。この映画を見て明日も頑張ろうとか、前向きに生きていこうとか感じてもらえたらうれしい」と満席の観客にほほ笑みかけた。吉高も「1年前に撮影して、これまでさまざまなプロモーション活動をしてきたけど、今日で最後になるんだなと思うと寂しい気持ちでいっぱい。だけど、この作品が皆さんの手元に広がっていくことで次の作品への励みになる」としみじみ語った。

吉高は撮影時を振り返り、「前編は放牧された牛や馬のようにみるみる太っていった。ご飯が活力になって現場で頑張れるのだけど、男の子と同じ量を食べていたらさすがに太った」と苦笑いしながら足をポリポリ。すると生田が、「牛高由里子が足をかく!」と即興で記事の見出しを考え、場内は爆笑の渦に包まれた。三木監督は、「多くのファンがいる漫画なので、その方々にも楽しんでもらえるよう意識した。スケジュール的に前半と後編の撮影はごっちゃだったけど、2人ともきちんと演じ分けていたのがすごいなと思っていた」と賛辞を送った。

僕等がいた Vol.3(通常版)[DVD] 僕等がいた Vol.3(通常版)[DVD] 最安価格: ¥3,959 第50回小学館漫画賞・少女漫画部門を受賞した、小畑友紀原作の純愛ラブストーリー。高橋七美は高校生活の始まりに期待をふくらませ、友達をいっぱい作ろうとしていた。しかし、女の子たちはクラスの3分の2が一度は好きになるという、矢野元晴という男の子の話題で持ちきりだった。七美には、意地悪でむかつく男の子にしか見えなかったが…。第7~9話を収録した第3巻。
僕等がいた Vol.1(通常版)[DVD] 僕等がいた Vol.1(通常版)[DVD] 最安価格: ¥4,071 第50回小学館漫画賞・少女漫画部門を受賞した、小畑友紀原作の純愛ラブストーリー。高橋七美は高校生活の始まりに期待をふくらませ、友達をいっぱい作ろうとしていた。しかし、女の子たちはクラスの3分の2が一度は好きになるという、矢野元晴という男の子の話題で持ちきりだった。七美には、意地悪でむかつく男の子にしか見えなかったが…。第1~3話を収録した第1巻。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi