ヒロシマからフクシマへ… 90歳の報道写真家を追ったドキュメンタリー予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月7日 > ヒロシマからフクシマへ… 90歳の報道写真家を追ったドキュメンタリー予告公開
メニュー

ヒロシマからフクシマへ… 90歳の報道写真家を追ったドキュメンタリー予告公開

2012年5月7日 17:00

戦後日本のウソを見つめ続けた報道写真家 福島菊次郎「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」

戦後日本のウソを見つめ続けた報道写真家 福島菊次郎
(C)2012「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 戦後日本を見つめ続けてきた、報道写真家・福島菊次郎の2009~11年の3年間に密着したドキュメンタリー「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」(長谷川三郎監督)の予告編が、このほど公開された。

敗戦直後の広島で被爆者家族の苦悩を10年間にわたり撮り続けた福島は、“平和都市ヒロシマ”の知られざる実態を暴き、それ以降も三里塚闘争、東大安田講堂、70年安保、あさま山荘事件、水俣、祝島など戦後の日本を象徴する事件を25万枚以上の写真に収めてきた。その後は、次第に保守化する日本社会やメディアと決別、自給自足生活を経て、愛犬との静かな暮らしを送っていた。11年に胃がんの切除手術を受け自身の最期を自覚し始めた頃、未曾有の大惨事となった東日本大震災が発生。再びカメラを手にした福島は、原発事故が起きた福島県へと向かう。

予告編では、「問題自体が法を犯したものであれば、カメラマンは法を犯しても構わない」というアナーキーな発言から始まり、これまでに福島がシャッターを切った戦後日本の写真の数々を紹介。福島第一原発立ち入り禁止区域付近での取材や、自らの原点となった広島での活動を振り返る。反骨精神を持ち、国家権力にも屈せず真っ向から真実の撮影に挑む姿は、90歳という年齢をまったく感じさせず、政治や社会問題に関心の薄い若い世代へ警鐘を鳴らしているかのようだ。

ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」は8月4日から、銀座シネパトス、新宿K's cinema、広島八丁座ほか全国順次公開。

トルソ[DVD] トルソ[DVD] 最安価格: ¥2,462 深い悲しみと不安を抱えながらも、自分たちの人生を諦めなかった姉妹の姿を描いたひと夏の物語。監督:山崎裕
ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション[DVD] ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,110 細川貂々のベストセラーコミックエッセイが待望の映画化!出演:大杉漣

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi