NPO法人理事が語る「少年と自転車」と児童養護施設の現状 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月1日 > NPO法人理事が語る「少年と自転車」と児童養護施設の現状
メニュー

NPO法人理事が語る「少年と自転車」と児童養護施設の現状

2012年5月1日 13:05

NPO法人「3keys」理事が語る映画「少年と自転車」「少年と自転車」

NPO法人「3keys」理事が語る映画「少年と自転車」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第64回カンヌ映画祭でグランプリを受賞した「少年と自転車」の公開を記念し4月30日、東京・Bunkamura ル・シネマで、NPO法人「3keys」の森山誉恵代表理事がトークイベントを行った。

ジャン=ピエール・ダルデンヌ監督とリュック・ダルデンヌ監督による本作は、少年非行を専門とする、日本の弁護士が語ったエピソードをもとに製作された物語。児童養護施設に預けられ、父親と再び暮らすことを願う少年と、週末に里親になる女性との交流を描く。

森山理事は、虐待や育児放棄などのために施設で暮らす子どもたちに、学習支援を行っている。「私たちが目指しているのが、“斜めの関係”。親や教師みたいな、自分を律してくれたり導いてくれたりする、“尊敬できる人”とはちがう。でも友だちという“横の関係”とも違う。ちょっと憧れの、わからないことを教えてくれたり、相談できたりする存在」と、活動の指針を説明。そして自身の団体設立の動機を「(子どもの)成長を見届けてくれながら、一緒に目標に向かって行ってくれる人がいたら、ということを思った。そういう関係性作りを、勉強を通じて出来たらいいなということで立ち上げた」と語った。

日本の施設の現状を「1人の職員さんが6人くらいの子どもたちを見ている。多い場合だと12人くらい」と、従事者の不足を指摘。そして「勉強がわからなくても『わかりません』と言えず、ついていけなくなり、学校に行かなくなるケースがたくさんある」と、不登校問題も多いことを明かした。

学習支援という形を選んだことについては、「勉強というのは、小中高とどの人も通過している。よりいろんな人たちがかかわり、子どもたちに寄り添えるツールなんじゃないかなと思った」と、間口を広くする意図があったことを説明する。さらに「不登校だった子が、『勉強もちょっとずつやってきたから、学校に行ってみようかな』ということを言い始めた」と、子どもの心境の変化を目の当たりにした体験談も語った。

そして、施設を出た後の子どもが直面する問題へも目を向け「児童養護施設からの子と言うと、“難しい子”というレッテルが貼られて、さらに社会的に孤立をしやすかったりする。この映画を通じて、みなさんには“普通の子”なんだと思ってもらえたら」と、会場へメッセージを送った。

少年と自転車」は公開中。

ある子供[DVD] ある子供[DVD] 最安価格: - ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ両監督が、2005年カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した社会派ドラマ。
息子のまなざし[DVD] 息子のまなざし[DVD] 最安価格: ¥1,585 自分を受け入れてくれる人を無意識のうちに求めていた少年と、ある事件から他人を受け入れられなくなり、心を閉ざしてしまった男のそれぞれの姿を描いた作品。ジャン=ピエール・ダルデンヌ&リュック・ダルデンヌ監督作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

少年と自転車[DVD] 少年と自転車[DVD]最安値: ¥1,080 少年と自転車[DVD] 少年と自転車[DVD]最安値: ¥3,553 息子のまなざし[DVD] 息子のまなざし[DVD]最安値: ¥2,700
ある子供[DVD] ある子供[DVD]最安値: ¥3,175 イゴールの約束[DVD] イゴールの約束[DVD]最安値: ¥1,944 息子のまなざし[DVD] 息子のまなざし[DVD]最安値: ¥1,730
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi