CCCの「オンデマンドDVD」が好調に推移 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月25日 > CCCの「オンデマンドDVD」が好調に推移
メニュー

CCCの「オンデマンドDVD」が好調に推移

2012年4月25日 23:00

[映画.com ニュース] カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が実施中の「オンデマンドDVD」が好調だ。これまで大々的なプロモーションは行っていないが、昨年12月にオープンした代官山蔦屋書店では3月末までに約650枚を販売。全国のTSUTAYA店舗(セル取り扱い限定)でも売り上げを伸ばし、TSUTAYAオンラインショッピングでは実店舗以上の販売実績を上げている。

「オンデマンドDVD」は、DVDを1枚から生産・販売する新しいサービス。同社がコンテンツホルダーからライセンス取得した作品を、データセンターに設置したサーバーに保管し、受注があるとデュプリケーターと呼ばれるディスク生産用機器に配信、10数分ほどでDVDを生産し、購入者に届ける仕組みだ。未DVD化、廃盤作品を主な対象としている。店舗にとっては在庫リスクの心配がなくなり、ユーザーにとっても、希望の商品が在庫確認を待たずして手に入れられるメリットがある。

同社はこの新サービスを、試験的に昨年7月から全国で開始。認知度が低いことや映画コンテンツが少なかったこともあり、当初は利用数が伸び悩んだが、代官山蔦屋書店のオープンに合わせてワーナー作品を中心に映画のラインナップを拡充。同店の目玉サービスのひとつとして告知したところ、利用数が順調に増加した。同事業を担当する酒井陽郎氏によると、「特に45歳~60代男性の利用が多く、平均購入枚数は約2枚。複数枚購入する人の平均は約4枚で、60枚を一挙に購入したお客様もおり、オトナ買いする人の姿が目立つ」という。人気のタイトルは「いちご白書」「暁の7人」「激走!5000キロ」など。松竹、日活、角川映画、ジェネオン・ユニバーサルなどの作品も続々と追加し、3月末時点で映画を337作品、その他のコンテンツを含めると計2027作品を取りそろえている。他社とも交渉を進めており、今後も随時追加予定だ。

現在、デュプリケーターを設置している店舗は代官山蔦屋書店のみ。ここでは、受注から数10分で購入者に商品を手渡すことができる。その他の店舗では、受注後に厚木の物流拠点に設置されたデュプリケーターで生産し、1週間から10日間で店頭・もしくは購入者宅まで届ける。ネットでの受注も同様だ。

今後は、さらにラインナップが充実した時点でPRを本格化させる考え。酒井氏は「店舗でカタログを配布し、利用者によりわかりやすいサービス案内を行うなど、オンデマンドDVDの普及にはさらに工夫が必要」と課題を挙げつつも、「我々が新規ターゲットとして重視しているプレミアエイジ(団塊世代)に支持される動きが出てきたので、大きなビジネスにつながる可能性がある」と期待を寄せている。(文化通信)

海の戦いBOX[DVD] 海の戦いBOX[DVD] 最安価格: ¥14,393 大海原を舞台に壮大なスケールで繰り広げられる第二次大戦の海戦スペクタクル映画の傑作群を網羅したBOX。監督:ルイス・ギルバート
ペーパー・チェイス[DVD] ペーパー・チェイス[DVD] 最安価格: ¥3,292 “ペーパー”と葛藤する多感な青春の悩みと喜びを、きめ細かいタッチで描く青春映画の傑作。出演:ティモシー・ボトムズ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi