木村佳乃「愛する子どもとダンナさんのために…」出産経て心境に変化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月23日 > 木村佳乃「愛する子どもとダンナさんのために…」出産経て心境に変化
メニュー

木村佳乃「愛する子どもとダンナさんのために…」出産経て心境に変化

2012年4月23日 14:21

取材会に出席した木村佳乃

取材会に出席した木村佳乃
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の木村佳乃が4月23日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われたドラマ10「はつ恋」の取材会に、共演する伊原剛志青木崇高とともに出席した。木村にとっては、昨年11月の出産後初めての連続ドラマ主演で、NHKの連ドラ主演は2003年に放送された「ニコニコ日記」以来実に9年ぶりとなる。

木村演じる言語聴覚士のヒロイン・村上緑を軸に、初恋の人・三島(伊原)と年下の夫・潤(青木)が織りなす大人のラブストーリー。肝臓がんと診断された緑の前に現れた執刀医は、かつて心に深い傷を負わされた三島だった。初恋相手との思わぬ再会と、家族への愛情に揺れる40代女性の葛藤を描く。

出産後、初めての連続ドラマで“母親”役を演じており「私自身は新米ママなので、まだまだこれから」と照れ笑い。自分の命を唯一救える執刀医が、憎むべき初恋相手という設定に「結婚前なら、緑が手術に踏み切る気持ちはわからなかったかもしれない」といい、「今なら、愛する子どもとダンナさんのために、何が何でも長生きしようという気持ちは共感できる。私自身も『子どものために絶対死なない』と強く思う」と結婚・出産を経て変化した心境を明かした。

ヒロインの夫を演じる青木は「子どもがいる役柄は初めてですし、最近はサムライ役が多いので(笑)、スーツ姿も珍しい。初めて尽くしです」。愛妻家という役どころだけに「(木村と伊原の)初恋を描いたパートは読まないようにしている。だって、悔しくなっちゃいますから」と嫉妬心を燃やす。

一方、ヒロインの初恋相手を演じる伊原は「いつも(青木の)刺すような視線を感じている」と苦笑い。「こんな幸せな家庭を壊しちゃいけないですよ。視聴者の皆さんも僕のこと、絶対悪者だと思うはず。でも僕がいなければ、緑のガンは治せないので……。誰から見ても、説得力ある人物にしなければ」と決意を新たにしていた。

NHK連続ドラマ「はつ恋」は5月22日から、NHK総合にて毎週火曜午後10時放送(全8回)。

地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10 星の大地に降る涙[DVD] 地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10 星の大地に降る涙[DVD] 最安価格: ¥3,175 岸谷五朗&寺脇康文の企画ユニット、地球ゴージャスの第10回公演であり、三浦春馬の舞台初出演となった「星の大地に降る涙」がDVD化!出演:木村佳乃
一命[Blu-ray/ブルーレイ] 一命[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,306 監督・三池崇史、音楽・坂本龍一、主演・市川海老蔵という豪華スタッフ&キャストによる史上初の3D時代劇。出演:青木崇高

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi