瑛太、恩師・豊田利晃監督にラブコール「今後も呼んで」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月21日 > 瑛太、恩師・豊田利晃監督にラブコール「今後も呼んで」
メニュー

瑛太、恩師・豊田利晃監督にラブコール「今後も呼んで」

2012年4月21日 14:30

「モンスターズクラブ」初日挨拶に登壇した (左から)豊田利晃監督、瑛太、草刈麻有、ピュ~ぴる「モンスターズクラブ」

「モンスターズクラブ」初日挨拶に登壇した
(左から)豊田利晃監督、瑛太、草刈麻有、ピュ~ぴる
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 豊田利晃監督と瑛太が4度目のタッグを組んだ最新作「モンスターズクラブ」が4月21日、東京・渋谷のユーロスペースで初日を迎え、瑛太と豊田監督のほか、共演の草刈麻有、ピュ~ぴるが舞台挨拶に登壇した。瑛太は、「豊田利晃という人の世界に入り込んで演じることができるのは本当に幸せなこと。監督の作る新しいものには、日本中、世界中が揺さぶられる。今後も呼んでいただけたらうれしい」と再タッグを誓った。

全米を震かんさせた実在の天才数学者で、爆弾魔のユナボマーに着想を得た意欲作。ひとり奥深い雪山にこもり、爆弾を作っては企業やテレビ局に送り続ける男(瑛太)の姿を淡々と描き出す。窪塚洋介が男の兄役で出演するほか、松田美由紀國村隼らベテラン俳優陣が脇を固めた。

豊田監督作「青い春」で銀幕デビューを果たした瑛太は、「豊田さんには俳優の原点、基盤を作っていただいた。まだまだ自分の中で成長したい、変わりたいという気持ちがあって、それを監督に見ていただきたいなという気持ちで今回も挑んだ」。また、「台本には計り知れないエネルギーがあって、読んだだけじゃ体現できない。カメラの前に立って、監督の演出によってどう変わるかという思いだった」と手探りだった現場を述懐。豊田監督は、「ユナボマーのマニフェストを読んで、今の日本の状況を言っている気がした。表現の方法は違うけど、東北の宮沢賢治も同じように社会の仕組みを変えようと挑んでいたと思う」と企画意図を明かした。

瑛太の妹役を演じた草刈は、「私にもお兄ちゃんがいるのでナチュラルに芝居ができたと思う。瑛太さんは役作りのためにセットに泊まったり、すごく意識を高くもっていて見習いたいなと思った」と尊敬のまなざし。現代美術家のピュ~ぴるは、「現場はとにかく寒くてずっと震え上がっていた(笑)。ふだんは1人でものを作っているけど、大勢のスタッフさんや役者さんと1つのものを作る体験はすごく新鮮だった」と話した。

最後に、昨日19歳の誕生日を迎えた草刈に、瑛太がサプライズで花束を贈呈すると、会場は温かい拍手に包まれた。

青い春[DVD] 青い春[DVD] 最安価格: ¥4,044 時間を持て余し、退屈な日々を過ごす高校三年生の姿を描いた青春群像劇。監督:豊田利晃 出演:瑛太
「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 最安価格: ¥19,045 主演・瑛太×満島ひかり、音楽・辻井伸行で贈る心震えるヒューマンドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi