アルシネテラン、別路線のレーベル新設 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月19日 > アルシネテラン、別路線のレーベル新設
メニュー

アルシネテラン、別路線のレーベル新設

2012年4月19日 22:00

新レーベル第1弾となる「ライジング・サン 裏切りの代償」「プレイ 獲物」

新レーベル第1弾となる「ライジング・サン 裏切りの代償」
(C)2011 Son of House Limited. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アルシネテラン」としてアート系映画を買付・配給するエプコットは、今年度から、アクションやスリラーなどエンタテインメント性の高い作品を、社名と同じ「エプコット」レーベルで配給する。第2弾作品までが決定。今後、年間で4~5本を “エプコット配給” で公開していく。

同社は、新レーベル立ち上げについて、いくつか理由を挙げる。東日本大震災以降、アート系映画の国内興行が厳しいこと。そんな中、エンタテインメントの要素もある作品の方が興行的にも、またビデオ市場においても有利であると判断したという。

第1弾作品は、米映画「ライジング・サン 裏切りの代償」。プロレスの元世界王者デビッド・バウティスタが初主演したクライム・アクション。骨太のアクションに加え、警察とマフィアとの抗争や裏取引など元刑事の実体験に基づいた緻密な脚本が、大きな特徴。米アクション・オン・フィルム国際映画祭でも受賞しており、アクション映画ファンから圧倒的な支持を得ている。5月19日からシネマート六本木、同新宿で公開される。

第2弾は、仏サスペンスアクション「プレイ 獲物」。ミステリースリラーアクション映画の祭典「コニャック・スリラー映画祭」で最優秀スリラー賞を受賞。セザール賞俳優アルベール・デュポンテル、「The Valet」で仏NRJシネマ・アワードの年間最優秀女優に選ばれたアリス・タグリオーニが主演する。殺人の罪を着せられた上に娘を人質にとられた投獄中の銀行強盗犯、同房者である謎の男、女刑事、それぞれの逃走・追跡劇を描く。監督は「着信アリ」のハリウッドリメイク「ワン・ミス・コール」も手掛けたエリック・バレット。6月30日からヒューマントラストシネマ渋谷、同有楽町ほかで順次公開する。

この「プレイ 獲物」は、仏テレビ局が製作を主導した作品。日本で公開される仏映画は、リュック・ベッソンが手掛けるアクションと、純然たるアート系とに二極化され、本国で多数作られているテレビ局主導映画の存在は、日本ではあまり知られていない。本作の公開は、こうした現状を打破する狙いもある。(文化通信)

ワン・ミス・コール DTSスペシャル・エディション[DVD] ワン・ミス・コール DTSスペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥821 日本で劇場公開され、観た人々を震撼させた『着信アリ』がハリウッドリメイク化!監督:エリック・バレット
ロング・エンゲージメント 特別版[DVD] ロング・エンゲージメント 特別版[DVD] 最安価格: ¥1,080 第一次世界大戦下のフランスを舞台に、ドイツ軍との前線に置き去りにされた恋人を捜し続ける女性の姿を描いた究極のラブストーリー。出演:アルベール・デュポンテル

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi