渡部篤郎、韓国でKARAを出待ち “身内”の暴露にタジタジ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月19日 > 渡部篤郎、韓国でKARAを出待ち “身内”の暴露にタジタジ
メニュー

渡部篤郎、韓国でKARAを出待ち “身内”の暴露にタジタジ

2012年4月19日 19:47

渡部篤郎、ソウルでK-POPアイドルを出待ち?「外事警察 その男に騙されるな」

渡部篤郎、ソウルでK-POPアイドルを出待ち?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2009年放送のNHKドラマを映画化したサスペンスエンタテインメント「外事警察 その男に騙されるな」の完成披露試写会が4月19日、都内で行われ、主演を務める渡部篤郎をはじめ、真木よう子尾野真千子田中泯石橋凌堀切園健太郎監督が出席した。

日本で初めて警視庁公安部外事課を主舞台に取り上げ、国際テロリズムとの戦いをリアルに描いたドラマ「外事警察」の劇場版。映画は麻生幾の同名小説を原案に、東日本大震災で混乱する日本からウランに関する軍事機密データが盗まれ、その悪用を阻止するため、民間人を“協力者”に仕立て上げる外事課の非道さを通し、真の正義を問いかける。

渡部はドラマに続き“公安の魔物”の異名をもつ主人公・住本健司を演じ「悪いやつですからね。この役を数カ月背負うのは精神的に疲れる。でも『外事』ならではの苦労は大好きだし、楽しむことができた」と満足げだ。

今回、日本を飛び出し、韓国のソウルと釜山で約3週間にわたる撮影を敢行。堀切園監督から「撮影の空き時間に、K-POPアイドルの出待ちをしていた」と暴露されると、観念したのか「現場近くにKARAの事務所があると聞いて、そばの喫茶店で待ちながら時間をつぶした」とタジタジ。それでも「こうして皆さんにお見せできるのは、うれしい限り。苦しい思いも、皆さんに作品を見ていただくことで報われる」とファンへの感謝を述べた。

住本の部下・松沢を演じる尾野は「暗い映画ですけど(笑)、結構楽しく仕上がった」とアピール。堀切園監督が「ワイヤレスマイクから心臓の鼓動が聞こえるときは、とてもいい芝居をしている」と絶賛すると、恐縮しきりの表情だ。その堀切園監督は、ドラマからの続投で今回、商業映画デビューを飾り「すでに映画を見た方からは、いい意味で日本映画らしくないという意見をいただく。皆さんにも“脱日本映画”な感じを味わってもらえれば」と自信のほどをうかがわせた。

「外事警察」は6月2日から全国で公開。

外事警察[DVD] 外事警察[DVD] 最安価格: - 壮絶な情報戦争や探りあいを圧倒的なサスペンスで描いた社会派ドラマ。
ケイゾク DVDコンプリートBOX[DVD] ケイゾク DVDコンプリートBOX[DVD] 最安価格: ¥26,784 99年1月から3月にかけTBS金曜ドラマ枠にて放映された『ケイゾク』シリーズ全11話に加え、劇場版『ケイゾク/映画』、特別篇『PHANTOM』を収録した8枚組コンプリートBOX。出演:渡部篤郎

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi