妻夫木聡「他に言い方あったはず」“爆笑会見”に反省しきり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月18日 > 妻夫木聡「他に言い方あったはず」“爆笑会見”に反省しきり
メニュー

妻夫木聡「他に言い方あったはず」“爆笑会見”に反省しきり

2012年4月18日 20:40

妻夫木聡、爆笑会見に反省「愛と誠」

妻夫木聡、爆笑会見に反省
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 三池崇史監督が主催するイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」が4月18日、東京・六本木のビルボードライブ東京で行われ、三池監督をはじめ、監督最新作「愛と誠(2012)」に主演する妻夫木聡、共演の斎藤工が出席した。

妻夫木は先日行われた完成披露会見で本作について、「ふざけた映画」「よくわからない」と発言し、記者たちを爆笑させたばかり。その後の報道で、これらの発言に注目が集まってしまい「さすがに反省しましたね。『まれに見る映画』とか他に言い方があったはず」と猛省。それでも「やっぱりよくわからない映画。でもそこに留めたくないんですよね。アクション、純愛、コメディ、ミュージカルといったジャンルに収まらない素晴しさがあるし、『愛と誠』という新しいジャンルだと思う」と胸を張った。

1970年代に旋風を巻き起こした梶原一騎の人気純愛漫画が4度目の映画化。妻夫木演じる超不良・太賀誠と、復しゅうに燃える誠に一途な純愛を貫くヒロイン・早乙女愛武井咲)の狂おしい“運命の恋”をエネルギッシュに描く。音楽プロデューサーの小林武史が映画音楽を担当し、ミュージカル仕立てのシーンも多数。妻夫木は学ラン姿で、西城秀樹の大ヒット曲「激しい恋」を熱唱している。

三池監督は、飲酒・喫煙OKのリラックスした雰囲気に乗じて「一見、バカな映画に見せかけて、最後まで見せかけの映画」「マスコミからの評価は両極端で、絶賛と大ひんしゅくの嵐」「撮った自分も率直に『やっちまったな……』という気持ち」「去年『一命』でカンヌに行ったけど、これじゃ国際映画祭は無理だな」と舌も滑らかに、自虐的なコメントを連発。妻夫木と斎藤を慌てさせていた。

斎藤は、「君のためなら死ねる!」と愛への一方的な思いを絶叫するメガネ優等生・岩清水を熱演。妻夫木同様、30歳を過ぎての学ラン姿を披露し「コスプレになったら負けだと思った」。共演した武井とは、ひと回り年齢が違うといい「新人類という感じだった」と古風な言い回しで笑いを誘っていた。

愛と誠(2012)」は、6月16日から全国で公開。

スマグラー おまえの未来を運べ スタンダード・エディション[DVD] スマグラー おまえの未来を運べ スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,642 妻夫木聡、永瀬正敏、松雪泰子ら豪華キャスト共演で贈る石井克人監督作。圧倒的な爽快感、過激でスリルに満ちた、新世代のスタイリッシュ・アクション・エンターテイメント。
一命[Blu-ray/ブルーレイ] 一命[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,506 三池崇史監督が小林正樹監督作『切腹』の原作となった滝口康彦の「異聞浪人記」を再映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi