映画初主演のAKB48多田に「渡り廊下」同僚の仲川から珍アドバイス : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月18日 > 映画初主演のAKB48多田に「渡り廊下」同僚の仲川から珍アドバイス
メニュー

映画初主演のAKB48多田に「渡り廊下」同僚の仲川から珍アドバイス

2012年4月18日 08:00

映画初主演を果たしたAKB48多田愛佳「×ゲーム」

映画初主演を果たしたAKB48多田愛佳
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「AKB48」と派生ユニット「渡り廊下走り隊7」の多田愛佳が主演し、今年AKB48を卒業した平嶋夏海も出演する映画「×ゲーム2」の先行プレミア上映会が4月17日、都内の劇場で行われた。多田をはじめ共演のユキリョウイチ、白石朋也瀬戸カトリーヌ名高達男山田雅史監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。

山田悠介の人気小説を映画化したホラーサスペンス「×ゲーム」に続く第2弾で、山田自身が原案を担当した本作。何者かに襲われ学校の教室と思しき場所に監禁され、罰ゲーム付きの不可解な“授業”に強制的に参加させられる女子高生らの恐怖体験を描く。

映画初主演を果たした多田は「緊張しましたが、自信を持てた映画になったなと思います」と成長を実感している様子。前作には、同じ「渡り廊下走り隊7」の菊地あやか仲川遥香が出演していたこともあり、「比べられちゃうというプレッシャーがあった」と明かす。菊地と仲川からのアドバイスを問われると、「あやりん(=菊地)からはなかったです(笑)。はるごん(=仲川)には『ホラーだけど現場は楽しいよ。お菓子がいっぱいあって太っちゃうから気を付けてね』とは言われたけど、演技のアドバイスはなかったです」と明かした。

撮影は昨年の10月に行われたが、密室劇とあって窓もふさがれた部屋での撮影に、山田監督は「蒸し暑くて本当に過酷で罰ゲームのようでした」と苦笑交じりに述懐。それでもキャスト陣からは口々に「楽しかった」という言葉が聞かれ、和気あいあいとした現場の雰囲気をうかがわせた。瀬戸は「ホラー映画が大好きなんです」と意外な告白で本作への出演の喜びを語り「前作を上回る怖い密室劇になっています!」とアピールしていた。

×ゲーム2」は4月21日から全国で公開。

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは...[DVD] DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは...[DVD] 最安価格: ¥1,080 AKB48のドキュメンタリー映画第2弾!
×ゲーム[DVD] ×ゲーム[DVD] 最安価格: ¥1,080 鬼才・山田悠介のサスペンスホラーをオリジナル脚本で実写化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi