吉高由里子「愛されるより愛したい」? 頭の中でKinKi Kidsの曲が…… : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月17日 > 吉高由里子「愛されるより愛したい」? 頭の中でKinKi Kidsの曲が……
メニュー

吉高由里子「愛されるより愛したい」? 頭の中でKinKi Kidsの曲が……

2012年4月17日 22:12

女性限定試写会に出席した吉高由里子「僕等がいた 後篇」

女性限定試写会に出席した吉高由里子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の吉高由里子が4月17日、都内で行われた主演作「僕等がいた 後篇」の女性限定試写会に出席した。累計発行部数1200万部を突破する少女漫画を実写化する純愛ストーリー。司会から「愛されるのと愛するのでは、どちらがいいか」と質問されると、悩みながらも「やっぱり愛したいんで、マジで(笑)。今、頭の中でKinKi(Kids)の曲がよぎった」と珍発言で笑いを誘った。

観客動員170万人、興行収入21億円を突破し、現在公開中の「僕等がいた 前篇」に続き、連続公開される完結編。吉高演じるヒロイン・七美は、東京へ引っ越した矢野(生田斗真)との再会を夢見て大学進学を果たすが、待っていたのは最愛の人の消息不明という事実だった。数年後、思いがけない再会を果たし、矢野の苦渋の選択が明かされる。

映画化に際し、原作とは異なるエンディングが用意されており「前篇とはまったく違うテンポ感。乗り越えなければいけない壁や試練が多いストーリー」。離ればなれの設定で、生田との共演シーンも減ったといい「映画を見るまで、知らないシーンも多くて。矢野があんなことになっていたなんて知らず、いっぱい電話かけちゃってごめんなさいという気分」と、役柄ながら反省しきりだった。

忘れられない存在がありながら、別の異性と恋に落ちる心理については「相手の優しさにぶらさがってしまうことはあるかもしれない。でも、相手に遠慮する気持ちがあるのは恋愛じゃない」と恋愛論も披露。「もう今年はメディアに出ないので、この映画がヒットして下半期まで踏ん張りたい」と“吉高流”に映画をアピールしていた。

僕等がいた 前篇」は公開中、「僕等がいた 後篇」は4月21日から全国で公開。

蛇にピアス[Blu-ray/ブルーレイ] 蛇にピアス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,572 金原ひとみのデビュー作にして芥川賞受賞作を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が完全映画化!出演:吉高由里子
魔王[DVD] 魔王[DVD] 最安価格: ¥14,208 韓国で社会現象を巻き起こした同名作を、リメイクしたサスペンスドラマ。出演:生田斗真

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi