伊藤英明主演「海猿」第4弾、主題歌はシェネルの新曲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月16日 > 伊藤英明主演「海猿」第4弾、主題歌はシェネルの新曲
メニュー

伊藤英明主演「海猿」第4弾、主題歌はシェネルの新曲

2012年4月16日 19:30

「BRAVE HEARTS 海猿」の主題歌を担当したシェネル「BRAVE HEARTS 海猿」

「BRAVE HEARTS 海猿」の主題歌を担当したシェネル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] R&Bシンガーのシェネルが、伊藤英明が主演する人気シリーズ第4弾「BRAVE HEARTS 海猿」の主題歌に、新曲「ビリーヴ」を提供したことがわかった。

同シリーズの主題歌はこれまで、米ロックバンドのJOURNY(「OPEN ARMS」)、歌手の伊藤由奈(「Precious」)、ダンス&ボーカルユニット「EXILE」(「もっと強く」)が手がけてきた。今作では、「ベイビー・アイラブユー」などのラブソングで女性から人気のシェネルが、「君と一緒なら、信じる勇気を持って乗り越えてゆける」というメッセージを込めた。

オファーを受けたシェネルは、「海外のアーティストでありながら、日本の素晴らしい映画『BRAVE HEARTS 海猿』の主題歌を歌う機会をいただけて、とてもうれしいです!」と感激しきり。そして、「みんなが奇跡を信じて、前向きなエネルギーを周りに広めるきっかけにつながれば、という思いを込めて『ビリーヴ』を歌いました。私が持っている歌のすべてをこの曲に注ぎました」と胸を張った。

臼井裕詞プロデューサーは、今作を「今の難しい時代に救いを感じてもらえる」作品にしたかったという。主題歌は「製作当初から“希望の女神”になるような女性ボーカルがよいと思っていた」そうで、「圧倒的な歌唱力に透明感のあるシェネルの歌声を聞き、彼女ならば“希望の女神”になるとほれ込み、オファーしました」。さらに、「彼女の透明感がありスケール感がある美しい歌声の主題歌によって、今回の映画で描きたい“自分を信じることで、奇跡はおこせる”といったことを伝えられたら」とコメントを寄せた。

BRAVE HEARTS 海猿」は、前3作に続き羽住英一郎監督がメガホンをとり、海難現場で人命救助に奮闘する海上保安官の活躍を描いた最新作。救難のスペシャリスト集団「特殊救難隊」で活動する仙崎(伊藤)と吉岡(佐藤隆太)が、吉岡の恋人・美香(仲里依紗)が搭乗するジャンボジェット機の事故で、命がけの救出に挑む。7月13日から全国で公開。

THE LAST MESSAGE 海猿 プレミアム・エディションDVD[DVD] THE LAST MESSAGE 海猿 プレミアム・エディションDVD[DVD] 最安価格: ¥842 伊藤英明主演による海洋アクションシリーズの劇場版完結編。
海猿(低価格版)[DVD] 海猿(低価格版)[DVD] 最安価格: ¥2,165 佐藤秀峰原作コミックを伊藤英明を主演に迎えて実写映画化した海洋アクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi