「ジョン・カーター」監督が痛感“実写映画は体力勝負” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月13日 > 「ジョン・カーター」監督が痛感“実写映画は体力勝負”
メニュー

「ジョン・カーター」監督が痛感“実写映画は体力勝負”

2012年4月13日 21:30

「ジョン・カーターとタルス・タルカスが初めて出会うシーン」を 見どころに挙げたスタントン監督「スター・ウォーズ」

「ジョン・カーターとタルス・タルカスが初めて出会うシーン」を
見どころに挙げたスタントン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」や「アバター」など、多くのスペクタクル・アドベンチャーに影響を与えたSF小説の古典的傑作「火星のプリンセス」を、“実写”映画として映像化したのは、「ウォーリー」で名を馳せたディズニー/ピクサーの“アニメーション”監督だった。アンドリュー・スタントンは、なぜ実写で製作したのだろうか。

「とにかく、僕が『ジョン・カーター』の大ファンだったからさ。10歳の時に初めて原作を読んで、“この話の映画が見たい!”と思った。もちろん実写のね。何人かの監督が映画化のプロジェクトを進めていたけど、それが00年代の中ごろに頓挫してしまった。“このままじゃ、カーターの映画を一生見られないかもしれない!”と思ったら……もう自分で撮るしかないよね(笑)」

答えは非常にシンプル。まさに30年以上にわたる一ファンの“見たい”という願いが、ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作でもある壮大なプロジェクトを完成させた。とはいえ、苦労は多かったようで「実写映画はとにかく体力が要る」ことを痛感したという。「(会議や打ち合わせで座りっぱなしのアニメ製作とは違って)100日間の撮影期間中、朝から晩までずっと立ちっぱなしなんだから」と笑う。

「アニメは、あらかじめあらゆることをプランニングするから、驚くような要素や偶然はない。でも、実写の現場では予想もしていなかったことが起こるし、そのことに対して瞬時に判断を下していかなくちゃいけない。大きな違いだよね」

カーター役のテイラー・キッチュや、灼熱の砂漠で高足に乗って演じた姿が見事なCGキャラクターとなったウィレム・デフォーほか、生身の俳優によるケミストリーを「実写の素晴らしいところだと思う」と熱弁したが、唯一「フラストレーションがたまった」と明かしたことがあった。

「それは、ジョン・カーターの“ジャンプ”。アニメなら10分程度で作れちゃうのに、今回はクレーンが出てきて、ワイヤーでスタントマンを吊って……って、あっという間に3、4時間だよ! それにテイラーが着地するときのアクションも、本当はもっとダイナミックな“重力”を表現させたいのに、安全性の面から制限があったんだ。アニメならできたのに!(笑)」

ジョン・カーター」は公開中。

トイ・ストーリー3[DVD] トイ・ストーリー3[DVD] 最安価格: - 米ディズニー&ピクサーが贈る、大ヒットフルCGアニメ「トイ・ストーリー」第3弾!脚本:アンドリュー・スタントン
ウォーリー[Blu-ray/ブルーレイ] ウォーリー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 29世紀の荒廃した地球を舞台に、取り残されたゴミ処理ロボットの夢と冒険を描く感動のファンタジー・アニメーション。監督:アンドリュー・スタントン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi