剛力彩芽&AKB前田、批評家大賞新人賞受賞に喜びのピースサイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月13日 > 剛力彩芽&AKB前田、批評家大賞新人賞受賞に喜びのピースサイン
メニュー

剛力彩芽&AKB前田、批評家大賞新人賞受賞に喜びのピースサイン

2012年4月13日 19:40

ピースサインを見せる前田敦子と剛力彩芽「阪急電車 片道15分の奇跡」

ピースサインを見せる前田敦子と剛力彩芽
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第21回日本映画批評家大賞の授賞式が4月13日、東京・調布グリーンホールで行われ、新人賞を手にした剛力彩芽と「AKB48」の前田敦子が顔をそろえた。「この受賞を新たなスタートとして受け止め、今後も頑張りたい」(剛力)、「初めて出演した映画を撮影したのが(調布にある)日活撮影所だった。すてきな賞をいただき、調布に戻ってこられてうれしい」(前田)と語り、喜びのピースサインを見せた。

剛力は「カルテット!」の好演が評価されての受賞。撮影前にはロケ地となった千葉・浦安が東日本大震災による液状化に見舞われ「私に何ができるのか考えたが、逆に私が浦安の皆さんに勇気付けられた。今後は私がお芝居を通して、皆さんに笑顔と元気を届けたい」と決意表明。一方、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」に主演した前田は、「まだまだ知らないこと、努力しないといけないことがたくさんある。ひとつでも多くのことを吸収し、後悔を残さないようにしたい」と今後の展望を語った。

授賞式には、「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」で主演男優賞を受賞した三浦友和、「阪急電車 片道15分の奇跡」で助演女優賞を受賞した宮本信子らベテラン勢も出席。三浦は「こうした名誉ある賞を受賞できて、とても光栄。今年60歳を迎えて、人生について改めて考える機会になった。新人のつもりで俳優を続けなければいけないし、映画にこれからの人生を捧げることができれば」と感無量の面持ちだ。また、西田敏行は「星守る犬」で審査員特別演技賞を手にし、「無類の映画ファンだった父に連れられ、子どもの頃から数え切れない映画を見てきた。小学5年生のときから『いつかスクリーンに映る側に行きたい』と願っていた」と少年時代をしみじみ述懐していた。

作品賞を受賞したのは、俳優・原田芳雄さんの遺作となった「大鹿村騒動記」。メガホンをとった阪本順治監督が登壇し「真っ先に駆け寄って、お礼を言いたい人がここにいないのは無念」。それでも会場を見回しながら「きっとこの辺で、喜んでくれていると思う」と改めて原田さんをしのんだ。成島出監督は「八日目の蝉」で監督賞を受賞し「20代の頃は、助監督として日活撮影所に通いつめた。思い出の場所で、『八日目の蝉』という大切な作品を撮れて本当にうれしい」と喜びを語った。

▽作品賞:「大鹿村騒動記

▽監督賞:成島出(「八日目の蝉」)

▽新人監督賞:三宅喜重(「阪急電車 片道15分の奇跡」)

▽主演男優賞:三浦友和(「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」)

▽主演女優賞:大竹しのぶ(「一枚のハガキ」)

▽助演男優賞:片岡愛之助(「小川の辺」)

▽助演女優賞:宮本信子(「阪急電車 片道15分の奇跡」)

▽新人賞(小森和子賞):剛力彩芽(「カルテット!」)、前田敦子(「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」)

▽審査員特別演技賞:西田敏行(「星守る犬」他)

▽映画音楽アーティスト賞(日野康一賞):辻井伸行(「神様のカルテ」)

▽ゴールデングローリー賞(水野晴郎賞):北大路欣也蟹江敬三白川和子山本陽子

▽ダイヤモンド大賞:浅丘ルリ子

カルテット!~Quartet!~[DVD] カルテット!~Quartet!~[DVD] 最安価格: ¥2,873 映画音楽の第一人者、久石譲の初監督作品となる青春ドラマ。出演:剛力彩芽
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読...[Blu-ray/ブルーレイ] もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,609 前田敦子主演!大ベストセラー“もしドラ”待望の映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi