パリから凱旋、ビートたけし北野が日本初の個展開催! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月11日 > パリから凱旋、ビートたけし北野が日本初の個展開催!
メニュー

パリから凱旋、ビートたけし北野が日本初の個展開催!

2012年4月11日 15:57

“BEAT TAKESHI KITANO”名義で会見した北野武「アキレスと亀」

“BEAT TAKESHI KITANO”名義で会見した北野武
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] 4月13日から、東京・西新宿の東京オペラシティアートギャラリーで開催される北野武の絵画、オブジェなどを集めた展覧会「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」に先立ち11日、同会場で北野が現代アーティスト“BEAT TAKESHI KITANO(ビートたけし北野)”名義で会見した。

同展覧会は、2010年3月から6カ月、仏パリでアーティストの活動をサポートしている「カルティエ現代美術財団」で開催され好評を博した展覧会の日本凱旋となり、北野にとって日本初の個展となる。「いろいろ褒められちゃって困っちゃってるんですけど、浅草の花やしきに絵が飾ってある程度」と謙そんしながら「一番の願いは楽しんでもらうこと、それだけです」とアピールした。

監督主演作「アキレスと亀」で、売れない画家を演じた北野は、同作のほか「HANA-BI」「菊次郎の夏」でも自身が描いた作品を披露しており、ユニークなモチーフと鮮やかな色遣いで、独特の作風を確立。今回の日本での個展では、絵画、インスタレーション、映像作品のほか、パリで展示されなかった版画作品も加わり、アミューズメントパークのように楽しめる構成となっている。

北野は「文科系と理科系に分かれた教育がダメだと感じていて、アートにも理数系や自然科学の知識が大いに必要だと思う」と持論を展開。創作の楽しさや喜びを「高い酒を飲んで酔っ払っても、絵を描いていても精神的に同じ酔い方をしている」と例えた。

オフィス北野の森昌行代表は、日本での展覧会開催に「絵画ビジネスに参加するということではありません」と前置きし、北野の絵は売らないと明言。「堅苦しいアートということ以前に、無垢な気持ちで作られた絵やオブジェを、様々な世代の方に楽しんでほしい」と呼びかけた。

カルティエ現代美術財団ゼネラルディレクターのエルベ・シャンデスは「パリはビートたけし北野というけた外れの、予測不可能なアーティストを発見しました。彼の才能はありとあらゆる知性を刺激します。なぜパリの人々はたけしを愛したか、それは彼の精神状態、好奇心、ファンタジーを目に見える形にしたことに成功したからです」と、北野の芸術的才能を褒め称えた。

「BEAT TAKESHI KITANO 絵描き小僧展」は4月13日から開催。9月2日まで。

アキレスと亀[DVD] アキレスと亀[DVD] 最安価格: ¥3,201 第65回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された北野武監督作品。
菊次郎の夏[DVD] 菊次郎の夏[DVD] 最安価格: ¥3,036 北野 武監督がバイオレンス色を排して挑んだ、笑いと感動のロードムービー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi