「わが母の記」イメージソングを松田聖子が書き下ろし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月10日 > 「わが母の記」イメージソングを松田聖子が書き下ろし
メニュー

「わが母の記」イメージソングを松田聖子が書き下ろし

2012年4月10日 16:20

「涙のしずく」を書き下ろした松田聖子(上)と 「わが母の記」の一場面「わが母の記」

「涙のしずく」を書き下ろした松田聖子(上)と
「わが母の記」の一場面
(C)2012「わが母の記」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 原田眞人監督が昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を映画化した「わが母の記」のイメージソングを、松田聖子が務めることが決定。あわせて、楽曲が使用されたTVスポットが公開された。

わが母の記」は、“母親に捨てられた”という心の傷を持つ小説家とその母の関係を軸に、家族の絆に真摯に迫る。主人公の伊上洪作を役所広司が演じ、母・八重を樹木希林、伊上の三女・琴子には宮崎あおいが扮し、八重の認知症をきっかけに疎遠だった家族がそれぞれの思いに気づいていく姿が描かれる。第35回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門では、審査員特別グランプリを受賞した。

イメージソング「涙のしずく」は、同作を鑑賞した松田が、「あまりに素晴らしさに感動し胸がいっぱいになり、しばらく椅子から立ち上がることさえできないくらいでした。その後、夢中になって曲と詞を書きました」という、本人の作詞、作曲、プロデュースによる書き下ろし楽曲。“親と子の愛”という映画と同じテーマが貫かれており、「人を思う気持ちは、時間を超えて相手に届くものだと確信し、人と人は愛で強く結ばれているのだと改めて感じさせられました。その感じたままの気持ちを、私なりに『涙のしずく』に込めました」とコメントを寄せた。

情感たっぷりに“時を超えてつながっていく思い”を歌い上げる同曲のフレーズは、公開されたTVスポットで聞くことができる。50年の時を経てつながる家族の絆という作品の持つ世界観に、さらに感動的な深みが与えられている。

わが母の記」は、4月28日から全国で公開。

刑事物語[DVD] 刑事物語[DVD] 最安価格: - 武田鉄矢主演による人情刑事ドラマシリーズ第1作。出演:樹木希林
Seiko Matsuda COUNT DOWN LIVE PARTY 2011-2...[DVD] Seiko Matsuda COUNT DOWN LIVE PARTY 2011-2...[DVD] 最安価格: ¥7,714 2011年12月31日に東京体育館で開催の松田聖子カウントダウンライブを収録!

関連DVD・ブルーレイ情報

わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ] わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥1,998 わが母の記[DVD] わが母の記[DVD]最安値: ¥3,652 わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ] わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥5,184
わが母の記[DVD] わが母の記[DVD]最安値: ¥1,518 あした来る人[DVD] あした来る人[DVD]最安値: ¥5,076 KOYA[DVD] KOYA[DVD]最安値: ¥4,104
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi