意外な人物が“サーク族”に?「ジョン・カーター」ジャパン・プレミア開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月1日 > 意外な人物が“サーク族”に?「ジョン・カーター」ジャパン・プレミア開催
メニュー

意外な人物が“サーク族”に?「ジョン・カーター」ジャパン・プレミア開催

2012年4月1日 23:11

(左より)リン・コリンズ、“サーク族”に扮したJOY、 テイラー・キッチュ、アンドリュー・スタントン監督「スター・ウォーズ」

(左より)リン・コリンズ、“サーク族”に扮したJOY、
テイラー・キッチュ、アンドリュー・スタントン監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」「アバター」に多大な影響を与えた伝説的SF小説の完全映画化、ウォルト・ディズニー生誕110周年記念超大作「ジョン・カーター」のジャパンプレミアが4月1日、東京・六本木ヒルズで行われ、主演のテイラー・キッチュリン・コリンズアンドリュー・スタントン監督らが舞台挨拶に立った。

話題のスターをひと目見ようと、会場のヒルズアリーナに集まったファンは約700人。大きな歓声と拍手が出迎えるなか、キッチュらはゆっくりとレッドカーペットを闊歩し、ハイタッチやサインでその声に応えた。スタントン監督は「日本、そして東京に作品をやっと持ってくることができて感激している」と挨拶。キッチュも「(これほどの歓迎に)心からありがとうと言いたい」と、笑顔を見せた。

2月にロサンゼルスで行なわれたワールドプレミアに続き、今回のイベントにも日本語吹き替え版でカーターのおい、エドガー役の声優を務めたアイドルグループ「NYC」の中山優馬が参加。キッチュは「今度は僕が君の国にやってきたよ」と中山に声をかけ、再会を喜びあった。

この日は、劇中で登場する“サーク族”(4本の腕を持つ緑色の巨人)が特殊メイクで再現され、到着したキッチュらをタキシード姿で出迎えていたが、その正体はタレントでモデルのJOY。特殊メイクの完成度に出演陣もノリノリで、スタントン監督は4本の腕にハイタッチとロータッチ、コリンズとキッチュはじっくりとハグして、会場を笑いに包んだ。

ジョン・カーター」は、滅びゆく惑星バルスームに迷い込んだカーター(キッチュ)が、王女デジャー(コリンズ)と恋に落ち、惑星を救うための戦いに身を投じる姿を描く。スタントン監督は「この映画は、大変な目にあった主人公が、絶望の淵から希望を取り戻す物語です。震災を経験した日本の皆さんにも、ぜひ希望を与えられれば」と呼びかけた。

ジョン・カーター」は、4月13日から全国公開。

バンバン・クラブ 真実の戦場[DVD] バンバン・クラブ 真実の戦場[DVD] 最安価格: ¥410 実話に基づいた、内戦中の南アフリカで活動した4人の戦場カメラマンの奮闘を追う。出演:テイラー・キッチュ
ウォーリー[Blu-ray/ブルーレイ] ウォーリー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 29世紀の地球を舞台に、700年間ゴミ処理ロボットとしてたったひとりで働き続けてきた“WALL・E”の姿を綴るディズニー/ピクサーアニメ。監督:アンドリュー・スタントン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi