WOWOWの単館系劇場応援プロジェクト「W座を探して」が始動 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月29日 > WOWOWの単館系劇場応援プロジェクト「W座を探して」が始動
メニュー

WOWOWの単館系劇場応援プロジェクト「W座を探して」が始動

2012年3月29日 18:30

ナビゲーターを務める安西水丸と小山薫堂(左から)「ニュー・シネマ・パラダイス」

ナビゲーターを務める安西水丸と小山薫堂(左から)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] WOWOWシネマで放送中の映画番組「W座からの招待状」の新コーナー「W座を探して」の立ち上げを記念し3月29日、同番組のナビゲーターを務める放送作家・小山薫堂とイラストレーター・安西水丸が、東京・渋谷のシネマライズで発表イベントを行った。

「W座からの招待状」は、興行や流行に左右されない上質な映画を厳選して放送する映画番組。昨今の映画不況を受け、閉館に追い込まれつつある単館系劇場を応援する新企画「W座を探して」を立ち上げた。福岡の小倉昭和館、大分の別府ブルーバード、埼玉の深谷シネマなどを紹介し、全国の単館系劇場ネットワークの強化を図る。

小山は、「自分自身小さな劇場に足を運ぼうと思っても、つい目先な派手なものにいってしまう。テレビ局はだいたいマスの方にいって当たるものしか狙っていかないけれど、地域再生のためにも映画館には残っていってほしい」とテレビと映画の共存の道を探った。安西も、「旅先で書店や映画館をめぐるのも楽しみのひとつで、どんどん名画座などがなくなっていくのは非常に寂しい。最近は東京も地方も映画館が少なくなってきていて、これはテレビの責任でもあると思う。だからWOWOWというテレビ局が映画をサポートしていこうという意気込みはうれしい」とやりがいを感じていた。

2人は先日、小山の故郷である熊本・天草の老舗映画館である本渡第一映劇を訪れた。小山は、「ホラー映画を1人で見に来たお客さんが怖いからと支配人と一緒に見たりするような、本物の『ニューシネマパラダイス』みたいな映画館で、いつかあそこを舞台に作品を作ってみたい」とインスピレーションを得ていた。

「W座からの招待状」は、毎週日曜21時よりWOWOWシネマにて放送中。

東京ワンダーホテル[DVD] 東京ワンダーホテル[DVD] 最安価格: ¥6,402 東京の真ん中に文化のあるホテルを造りたいという若者たちの姿をドキュメンタリースタイルで描いたドラマ。脚本:小山薫堂
おくりびと[DVD] おくりびと[DVD] 最安価格: ¥2,827 納棺師の見習いとして働き出す青年と様々な境遇のお別れを描いた感動のドラマ。脚本:小山薫堂

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi