デビッド・フィンチャー監督、「ドラゴン・タトゥーの女」続編から離脱? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月27日 > デビッド・フィンチャー監督、「ドラゴン・タトゥーの女」続編から離脱?
メニュー

デビッド・フィンチャー監督、「ドラゴン・タトゥーの女」続編から離脱?

2012年3月27日 11:45

続投はDVDの売り上げ次第「ドラゴン・タトゥーの女」

続投はDVDの売り上げ次第
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーグ・ラーソン著のベストセラー推理小説「ミレニアム」シリーズ第1作を、ハリウッドで映画化した「ドラゴン・タトゥーの女」。そのメガホンをとったデビッド・フィンチャー監督が、続編に関与しない可能性があることが分かった。

米ソニー・ピクチャーズと共同製作したMGMのCEOゲイリー・バーバーが、「ドラゴン・タトゥーの女」が2億3100万ドルの世界興収を記録したものの、目標には10%程度達せず、やや損失を計上したことを投資家たちに明らかにしたという。

英TotalFilmによれば、MGMは原作の第2&3作においてもソニーと共同で映画化する企画を進めており、続編は予算縮小のために新たな監督を抜てきすることも検討しているようだ。しかしその場合、フィンチャー監督が原作のうち最もお気に入りだという第2作のオプション権を握っていることから、MGMはその権利取得のために500万ドルを支払う必要があるという。よって、まずは「ドラゴン・タトゥーの女」DVDの売り上げ状況を見てから、続編の監督選定となりそうだ。

ダニエル・クレイグルーニー・マーラが主演した「ドラゴン・タトゥーの女」は、「ミレニアム」誌ジャーナリストのミカエル(クレイグ)が、天才ハッカーのリスベット(マーラ)とともに、40年前に起こった少女失踪事件の真相を追究するサスペンスで、第84回アカデミー賞編集賞を受賞した。

ソーシャル・ネットワーク[DVD] ソーシャル・ネットワーク[DVD] 最安価格: ¥1,000 世界を席巻する若き天才の素顔を、鬼才デビッド・フィンチャー監督が暴く!若き億万長者・世界最大のSNS“facebook”のCEO、マーク・ザッカーバーグのサクセス・ストーリー!
ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版>[DVD] ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版>[DVD] 最安価格: ¥3,063 世界40か国以上で翻訳され、累計2100万部突破を記録したスティーグ・ラーソン原作傑作ミステリーの映画化。監督:ニールス・アルデン・オプレヴ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi