竹中直人、初の官能映画を監督も「お茶目なセックスシーンに」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月25日 > 竹中直人、初の官能映画を監督も「お茶目なセックスシーンに」
メニュー

竹中直人、初の官能映画を監督も「お茶目なセックスシーンに」

2012年3月25日 20:38

「R-18 文学賞 vol.1 自縄自縛の私」に主演する 平田薫、竹中直人監督、奥山和由プロデューサー「R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私」

「R-18 文学賞 vol.1 自縄自縛の私」に主演する
平田薫、竹中直人監督、奥山和由プロデューサー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉本興業創業100周年プロジェクトとして製作される映画「R-18 文学賞 vol.1 自縄自縛の私」の製作発表会見が3月25日、沖縄・宜野湾で開催中の第4回沖縄国際映画祭会場内で行われ、約3年ぶりにメガホンをとる竹中直人監督と主演の平田薫奥山和由プロデューサーが出席した。

山形スクリーム」以来約3年ぶり7作目となる竹中監督は、オファーを受けたときのことを「オレでいいの? と思ってビックリしました。ずっと夢見ているようで、とても楽しい日々を過ごせました」と述懐。平田の起用については、「直感的に彼女しかいないと思った。たたずまい、雰囲気、声のトーンもとても素敵。ピッタリですよ」と称えた。

新潮社が主催する公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」の受賞作品を映画化していく試みの第1弾。原作は第7回大賞に輝いた蛭田亜紗子氏の「自縄自縛の私」で、特殊な性の形を求める女性の姿を描いている。自らの体を縄で縛っていく趣味をもつ主人公の少女・百合亜を演じる平田は、「監督が本当に優しくて、『ちゃんと見ているから大丈夫だよ』と声をかけてくれたおかげで、リラックスして撮影に取り組めました」と話す。

官能映画のメガホンをとるのは初となる竹中監督だが、「今回はセリフを頭にたたき込んで台本を持たないで演出しました。即興性を出したかったので」とこだわりを説明。奥山プロデューサーが、官能シーンを「見たらいけないのではと思うほど抜けるような白い肌に、縄がはうシーンはワクワクする」と語ると、竹中監督は「単純なセックスシーンにはしたくなかったし、お茶目なセックスシーンにしたかった。変な撮り方をしていますよ」と追随し、含みを持たせた。

R-18 文学賞 vol.1 自縄自縛の私」は、2012年公開。

第4回沖縄国際映画祭は、3月31日まで。

山形スクリーム[DVD] 山形スクリーム[DVD] 最安価格: ¥3,110 竹中直人監督による山形発・絶叫エンタメムービー!
お台場湾岸テレビ[DVD] お台場湾岸テレビ[DVD] 最安価格: ¥4,104 フジテレビの深夜ドラマ枠“青春★ENERGY”で放送の「お台場湾岸テレビ」をDVD化!出演:平田薫

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi