若松孝二監督、新作は「60年代の摩訶不思議な日本」を思い出して製作 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月24日 > 若松孝二監督、新作は「60年代の摩訶不思議な日本」を思い出して製作
メニュー

若松孝二監督、新作は「60年代の摩訶不思議な日本」を思い出して製作

2012年3月24日 15:00

「海燕ホテル・ブルー」初日舞台挨拶に立った若松孝二監督「海燕ホテル・ブルー」

「海燕ホテル・ブルー」初日舞台挨拶に立った若松孝二監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若松孝二監督が3月24日、東京・テアトル新宿で行われた「海燕ホテル・ブルー」の初日舞台挨拶に、片山瞳地曵豪大西信満とともに登場した。若松監督は「この世の話ではなくてあの世の話かもしれない」と本作について話し、「2本重い映画をつくったあとで、60年代の摩訶(まか)不思議な日本を思い出して、作品をつくりたくなった」と製作の経緯を語った。

独自の製作スタイルを貫く若松監督は、「スタッフとも俳優とも打ち合わせはしないし、メイクも衣装担当もいない」ときっぱり。「(メイクで)泥みたいな塗ったら芝居なんてできない。計算してもできるわけがない。人生は1秒先もわからないんだから。撮影もそのとおりで、無の状態でその役をやりなさい」と役者に指示するそうだが、「自分の頭の中で編集はできている。でも俳優やスタッフに説明しないまま、“なんでわからないの”と怒ってしまうのは悪いクセだよね」と笑いを誘った。

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」(2008)、「キャタピラー」(10)に続く今作は、作家・船戸与一の同名小説を映画化。獄中で殺された仲間の復讐を誓ったひとりの男の姿を描く。片山、地曵、大西をはじめ井浦新(ARATA)、廣末哲万らが出演。音楽は若松監督の熱烈なファンであるジム・オルークが担当し、「『連合赤軍』のときが全然ダメで、5、6回つくってもらったけど、今回は“これだ!”と一発OKだった」と若松監督お墨付きだった。

今作は地曵、大西ら若松組おなじみのメンバーが参加した。地曵は「『連合赤軍』では実在の人物を演じて責任も大きかったけれど、今回は自由に演じることができた」。大西は「監督の現場での立ち方など、今回は根本的に違っていた」と説明し、「監督の恐ろしい眼差(まなざ)しのなか、ある意味自由にやらせていただいた。基本的に若松組は怒号が飛び交うので、地曵くんも自分も相変わらずひどい目にあいました(笑)」と述懐した。

若松組初参加となった片山は、「ご一緒できたら幸せだと思っていた」と感激しきり。「若松組の役者はひとりで現場に入るしきたりなので、最初は不安でした」と厳しい現場に戸惑いも多かったようだが、「でも役者としてひとりで立つことを教えてもらった」と笑顔をのぞかせた。物語のカギになる女性を演じ切った片山に、若松監督は「オーディションで50人くらいとあったけど、パッと『この子だ』と思った」と賞賛を送った。

キャタピラー[DVD] キャタピラー[DVD] 最安価格: ¥3,926 若松孝二監督が、戦争に翻弄されるひと組の夫婦の姿を描いたドラマ。
壁の中の秘事[DVD] 壁の中の秘事[DVD] 最安価格: ¥5,184 ベルリン国際映画祭に正式出品され、さまざまな物議を醸した若松孝二監督の問題作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi