松ケン「人生豊かにしてくれた」森田監督に感謝の意 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月24日 > 松ケン「人生豊かにしてくれた」森田監督に感謝の意
メニュー

松ケン「人生豊かにしてくれた」森田監督に感謝の意

2012年3月24日 13:03

森田監督との思い出を振り返った松山ケンイチ「僕達急行 A列車で行こう」

森田監督との思い出を振り返った松山ケンイチ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の松山ケンイチが3月24日、全国204スクリーンで封切られた主演作「僕達急行 A列車で行こう」の初日舞台挨拶を東京・渋谷TOEIで行った。昨年12月に61歳の若さで急逝した森田芳光監督の遺作。松山は「今日、監督がここにいてくれたらと思うと残念ですが、大切なメッセージとエールがこめられている」と感慨深げだった。

生前の森田監督は「とにかく人が好きで、人とのコミュニケーションを楽しんでいた。僕自身は田舎者なので(笑)、人付き合いをおっくうに思うタイプだったが、監督と出会って、人との出会いが人生をより豊かに、キラキラしたものにしてくれると教えてくれた」とあふれる感謝を抑えきれずにいた。

“鉄ちゃん”と呼ばれる鉄道オタクの青年2人を主人公に描く青春コメディ。大手企業に勤めるマイペース男子・小町(松山)と、経営危機を迎えつつある実家の鉄工所勤務の小玉(瑛太)が共通の趣味である鉄道を通じて出会い、周囲に幸せの輪を広げていく。

森田監督が10数年の構想を経て、鉄道へのこだわりを貫いた作品で「幅広い方に見てもらえる作品だし、幅広いジャンルの作品を作り続けた監督の、ある意味、原点といえる作風」(松山)。「椿三十郎」「サウスバウンド」(ともに2007)に続き3度目のタッグで、「毎回、監督が求める高いハードルに追いつくことで精一杯だった。正直『まだ次がある』と思っていたし、まさかこんなに早く亡くなられるなんて」と無念そうな表情も。それでも「今日いらっしゃった皆さんが、スッキリしたお顔をしているので、(監督の思いが)伝わったんだと思うと幸せ」と感無量の面持ちだった。

舞台挨拶には共演する貫地谷しほり村川絵梨も登壇し「森田監督からは『何かが違う』とダメ出しの連続だったが、ふだん物事をあまり深く考えない私にとっては『いったい何がいけないんだろう』と自問自答する環境を作っていただき、今は幸せな気持ち」(貫地谷)、「ありがとうと言うのもおこがましいが、わずかなセリフを通して人生観を考えさせられた。今日で作品が旅立つのは正直さみしい気がする」(村川)と森田監督への思いを語っていた。

サウスバウンド スペシャル・エディション[DVD] サウスバウンド スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,030 森田芳光監督が贈る家族愛コメディ!直木賞作家・奥田英朗の同名ベストセラー小説を映画化!出演:松山ケンイチ
椿三十郎 通常版[DVD] 椿三十郎 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,049 椿三十郎の手に汗握る活躍を描いた、超一流のエンターテインメント作品!監督:森田芳光 出演:松山ケンイチ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi