妻夫木聡「愛と誠」完成会見で毒舌披露に三池監督爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月19日 > 妻夫木聡「愛と誠」完成会見で毒舌披露に三池監督爆笑
メニュー

妻夫木聡「愛と誠」完成会見で毒舌披露に三池監督爆笑

2012年3月19日 12:25

完成会見に出席した三池崇史監督、妻夫木聡、武井咲「愛と誠」

完成会見に出席した三池崇史監督、妻夫木聡、武井咲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 妻夫木聡武井咲が3月19日、ダブル主演する映画「愛と誠(2012)」の完成会見を都内のホテルで行い、メガホンをとった三池崇史監督とともに爆笑の渦を巻き起こした。超不良の主人公・太賀誠を演じた妻夫木は、開口一番「31歳にもなって高校生役をやってしまいまして、すみませんでした」と頭を下げ、盛り上げた。

梶原一騎の人気純愛漫画が、西城秀樹と故早乙女愛さん主演で映画化されてから38年。今回は三池監督のもと4度目の映画化となる今作は、キャストが“歌って踊る”ミュージカル仕立てのシーンが多く盛り込まれている。音楽は小林武史が手がけており、昭和を代表する歌謡曲を含む計10曲をプロデュース。妻夫木は西城の大ヒット曲「激しい恋」、武井は名曲「あの素晴しい愛をもう一度」を劇中で披露している。

妻夫木は、脚本を読んだときのことを「なかなかふざけた映画だなあと思いました。でも、三池さんの映画はたくさん見ていますが、歌って踊ってというのは見たことがなかったので」と、オファー快諾に至った経緯を説明。さらに、「バカみたいに当たる映画ではないと思うけれど、皆さんに楽しんでいただけるんじゃないかな」と自信のほどをのぞかせる。出来栄えについては、「よくわかんないけど、本当に面白いんですよ。でもキャッチコピーにあるような、純愛エンタテインメントでは全然ありませんから!」と話し、三池監督を爆笑させた。

ヒロインの愛を演じた武井は、作品について「私もわからなかったです。最初の打ち合わせのときにいろいろとお話をうかがったのですが、最後までよくわからなかった」とニッコリ。撮影では、アクションシーンでボロボロになった妻夫木を気遣いながらも「あまりしっかり台本を読まなくてもいいのかな……と思わせられる現場でした」と振り返り、三池監督から「どんな現場だよ!」と突っ込まれるひと幕もあった。

この日は、「愛と誠」運命の恋判断センサーが用意されたが、妻夫木は「こんなの作るなら、もっと予算を現場に回してよ」と苦笑い。そして、「どういう映画かわかっていただけたかと思います。もう一度、宣伝会議をやり直します。すみません、見切り発車で会見なんてしちゃって」と最後までジョークを交えながら報道陣を笑わせていた。

ほか、余貴美子伊原剛志安藤サクラ市村正親前田健加藤清史郎一青窈らが出演。

愛と誠(2012)」は、6月16日から全国で公開。

悪人[Blu-ray/ブルーレイ] 悪人[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,564 李相日監督が、吉田修一のベストセラー小説を映画化した感動のヒューマンドラマ。妻夫木聡出演。
アスコーマーチ DVD-BOX[DVD] アスコーマーチ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥13,992 不本意ながら男子生徒ばかりの工業高校に入学することになった少女が、理想とは違う高校生活に戸惑いながらも、次第に恋に学習に実習に奮闘しながら成長していく姿を描いた学園ドラマ。武井咲出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi