宮崎あおい、祖母役・樹木希林の変幻自在の存在感に最敬礼 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月19日 > 宮崎あおい、祖母役・樹木希林の変幻自在の存在感に最敬礼
メニュー

宮崎あおい、祖母役・樹木希林の変幻自在の存在感に最敬礼

2012年3月19日 21:00

「わが母の記」舞台挨拶に立った宮崎あおい「わが母の記」

「わが母の記」舞台挨拶に立った宮崎あおい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の宮崎あおいが3月19日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた出演作「わが母の記」の完成披露試写会に、役所広司樹木希林ミムラ菊池亜希子原田眞人監督とともに出席した。祖母役の樹木との共演に大きな刺激を受けたようで、「希林さんは日によってサイズが変わる」と変幻自在の存在感に最敬礼だった。

クライマーズ・ハイ」の原田監督が、井上靖の自伝的小説「わが母の記」3部作を映画化し、初めて家族ドラマに挑戦。昭和39年を舞台に小説家の伊上洪作(役所)が、幼少期に離れて暮らした母・八重(樹木)の介護を通して、自身の記憶と母への思いに向き合う10年間を描く。第35回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で審査員特別グランプリを受賞。父の洪作を支える三姉妹の三女・琴子、長女・志賀子、次女・紀子をそれぞれ宮崎、ミムラ、菊池が演じている。

役所は「役名を伊上洪作に変更することを、井上さんのご家族に許可いただき、肩の荷が下りた気がした」。母親役の樹木を「刺激的なかわいらしい存在」と評すと、当の樹木は「どれだけ憎たらしい母親か、ぜひ見てください。鉄の女サッチャー(『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』)に負けないように演じた」と“希林節”で会場を沸かせた。宮崎は、「EUREKA〈ユリイカ〉」(00)以来の本格共演となった役所について「当時は子どもでわからない部分もあったが、今回改めて男の色気をすごく感じました。ちょっと遠い親せきのおじさんという感じ」と笑顔で語った。

メガホンをとった原田監督は「まずお宅と別荘を撮影に使わせていただいた、井上さんのご家族の協力に感謝したい。あの2つのロケーションは作品に絶対必要だった」と述懐。昨年3月10日にクランクアップし「その翌日に震災が起こり、改めて家族の絆を考えながら、仕上げ作業ができた。1日でも撮影が延びたら、予定通りに完成しなかったはず」と感無量の面持ちだった。

わが母の記」は、4月28日から全国で公開。

ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション[DVD] ツレがうつになりまして。 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥5,184 実話をもとにした、感動&ハッピーな夫婦のラブストーリー “うつ病”を題材に明るくコミカルに綴った細川貂々の原作を佐々部清監督が映画化。出演:宮崎あおい
刑事物語[DVD] 刑事物語[DVD] 最安価格: - 武田鉄矢主演による人情刑事ドラマシリーズ第1作。出演:樹木希林

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi