L・ベッソン新作主演のミシェル・ヨー、スーチーさんにそっくりと話題! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月15日 > L・ベッソン新作主演のミシェル・ヨー、スーチーさんにそっくりと話題!
メニュー

L・ベッソン新作主演のミシェル・ヨー、スーチーさんにそっくりと話題!

2012年3月15日 14:05

ミシェル・ヨー(上)とアウンサンスーチーさん(下)

ミシェル・ヨー(上)とアウンサンスーチーさん(下)
Photo Magali Bragard (C)2011 EuropaCorp –
Left Bank Pictures – France 2 Cinéma
(C)Yuzo Uda 2012
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リュック・ベッソン監督が、ビルマ(ミャンマー)の民主化運動指導者で、ノーベル平和賞受賞者であるアウンサンスーチーさんの激動の半生を映画化した「The Lady ひき裂かれた愛」。主演を務めるマレーシア出身の女優ミシェル・ヨーが、スーチーさんにそっくりだと話題になっている。

ヨーはスーチーさんの見た目だけではなく、志をも完璧に演じるためにスーチーさんの著書はもちろん愛読書まですべて読破。200時間に及ぶスーチーさんに関する映像を入手し、しぐさや訛りを完璧に身に付け、難しいとされるビルマ語のセリフも半年間かけて習得した。

撮影現場では、ミャンマーのエキストラが周到な役作りで臨んだヨーの姿を、本物のスーチーさんかと不思議そうに見入るほどだったという。1984年からスーチーさんの活動を友人として支援している日本人、宮下夏生さんは本作を鑑賞し「ミシェル・ヨーさんは英語の話し方だけではなく、立ち姿やちょっとした仕草までもそっくりで驚きました」とそのそっくりぶりに仰天したと話し、撮影後、実際にスーチーさんと面会したベッソン監督は「少し年齢を重ねたミシェルが目の前にいるのかと思った」と感想を述べている。

本作では、非暴力による民主化・人権をめざして軍事政権と闘い、長く自宅軟禁生活を強いられていたスーチーさんの政治的な側面よりも、スーチーさんの活動を陰で支え続けたイギリス人の夫との愛、息子たちの存在など人生そのものにスポットを当てている。宮下さんは「この映画をきっかけに、スーチーさんやビルマのことを深く知ってもらえるとうれしいです」とコメントを寄せている。

The Lady ひき裂かれた愛」は7月21日全国で公開。

トランスポーター[DVD] トランスポーター[DVD] 最安価格: - リュック・ベッソン設立のヨーロッパ・コープ作品第1弾となるアクション・エンタテインメント。
サンシャイン2057[Blu-ray/ブルーレイ] サンシャイン2057[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,571 鬼才ダニー・ボイル監督が最新のVFXを駆使して作り上げたSFムービー。地球滅亡目前の2057年の宇宙を舞台に、極限のミッションに挑んでいくクルーたちの姿を描いていく。出演:ミシェル・ヨー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi