染谷将太、石井岳龍監督作クライマックスシーンで「神さまが降りてきた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月10日 > 染谷将太、石井岳龍監督作クライマックスシーンで「神さまが降りてきた」
メニュー

染谷将太、石井岳龍監督作クライマックスシーンで「神さまが降りてきた」

2012年3月10日 13:48

トークショーに出席した染谷将太「生きてるものはいないのか」

トークショーに出席した染谷将太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の染谷将太が3月9日、都内で行われた公開中の主演映画「生きてるものはいないのか」のトークイベントに、石井岳龍監督とともに出席した。

劇作家、小説家として活躍する前田司郎氏の戯曲を映画化した本作。怪しい都市伝説がささやかれる大学を舞台に次々と不可解な死を遂げる若者たちの姿が描き出される。

染谷は最初に脚本を読んだ際、「分厚い台本でセリフの量も膨大でした。石井監督の作品と言うとセリフよりも(人物の)動きの方が印象的だったので意外性がありました」と述懐した。石井監督も、「僕も映画は映像と編集と音響を体感するものだと思っていたので、セリフに頼る映画はこれまであまり撮ったことがなかった」と染谷の言葉に同意。そして、「この原作戯曲はとにかく会話が面白くて動きは書いていなかった。自分に勝算があるとすれば、これだけ魅力的な人物が出てくるので、会話からいろんな面が見えるということ。新鮮なキャストで作っていけば間違いなく面白くなると思った」と明かした。

客席は立ち見客が出るほどの盛況ぶり。話題は染谷演じるケイスケのラスト近くのシーンに集中。石井監督は、「このシーンで映画にしていくということを最初から考えていた」とその重要性を強調した。

雲の切れ間から10分ほど夕陽が顔を出したわずかな時間で撮影したそうで、「あの瞬間を狙っていた。スリルの中である種のドキュメンタリーのような感じで撮りました。あのショットのために染谷くんにオファーしたんだし、『これが撮りたかった』というものが撮れた」とニッコリ。染谷は、そのときの様子を「神様が降りてきた」と表現。さらに、「あの時点で立ち位置に立って動かずに一点を見つめていたら、もうそれで完成して、気づいたら終わっていました」という告白に、鑑賞後の客席からは驚きの声があがっていた。

10年先も君に恋して DVD-BOX[DVD] 10年先も君に恋して DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 上戸彩と内野聖陽が共演したラブストーリーのBOX。出演:染谷将太
五条霊戦記//GOJOE[DVD] 五条霊戦記//GOJOE[DVD] 最安価格: - 平安末期の京都を舞台に、“遮那王”こと源義経の姿を描いたサイバーアクション時代劇。監督:石井岳龍

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi