「モテキ」みゆきのモデルになった美人編集者、大根監督に笑顔で抗議 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月10日 > 「モテキ」みゆきのモデルになった美人編集者、大根監督に笑顔で抗議
メニュー

「モテキ」みゆきのモデルになった美人編集者、大根監督に笑顔で抗議

2012年3月10日 13:32

森山未來扮する幸世の部屋を再現「モテキ」

森山未來扮する幸世の部屋を再現
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第35回日本アカデミー賞の話題賞を受賞した「モテキ」のブルーレイ&DVD発売を記念し3月9日、東京・六本木のTSUTAYA TOKYO ROPPONNGIで「大根裁判 in 幸世の部屋」と題したトークイベントが行われ、メガホンをとった大根仁監督、大山卓也氏(「ナタリー」編集長)、稲田浩氏(「EYESCREAM」編集長)、小林宏明氏(「Sense of Wonder」主宰)が出席した。

森山未來演じる主人公・藤本幸世はサブカル、音楽、お笑い好きという設定で、この日は劇中にも登場する“幸世の部屋”が再現された。本やDVD、関連グッズで埋め尽くされた部屋について、大根監督は「原作に部屋の様子はあまり書かれていないので、幸世の趣味を考えながらアイテムをそろえた……というか、15年前のおれの部屋そのまま。それに4人いた助監督もほぼ幸世と同じ世代で、それぞれ私物を持ち寄った」と述懐。「リアルな“あるある”が詰まっていたから、みんなにとっても見やすく感情移入してくれた」と若い世代からの共感を分析した。

200万部突破の人気コミックを原作にした深夜ドラマを映画化。突然“モテキ”が到来したモテない草食系男子が、さまざまなタイプの女性に翻ろうされる姿をコミカルに描き、興収20億円突破の大ヒットを記録した。

劇中には幸世が勤務するニュースサイトのナタリーや、長澤まさみ演じる“殺しの笑顔をもつ女”みゆきが編集者として働く雑誌のEYESCREAMなど、実在のメディア媒体が随所に登場。また、映画が描くエピソードには、実話から着想を得たものもあるといい「以前、付き合っていた女性が会社に押しかけてきたのは事実」(大山氏)。みゆき像は「EYESCREAMに好きな美人編集者がいた」(大根監督)そうで、この日はモデルとなった女性編集者も登場。「光栄ですが、あの役は長澤さんのかわいさで成り立っている。脚本だけ見ると、すごくビッチ(笑)。おかげでビッチの印象が植え付けられてしまった」と大根監督を“訴える”ひと幕もあった。

モテキ」Blu-ray&DVDはレンタル中。3月23日発売。

モテキ Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] モテキ Blu-ray 豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,618 TVドラマ化もされた『モテキ』が、原作者・久保ミツロウ書き下ろしによるオリジナルストーリーで映画化!監督:大根仁
モテキ DVD-BOX[DVD] モテキ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥8,208 久保ミツロウ原作の人気コミック『モテキ』をドラマ化!監督:大根仁

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi