宮崎吾朗「映画づくりやっとわかった」 監督2作目「コクリコ坂から」を述懐 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月7日 > 宮崎吾朗「映画づくりやっとわかった」 監督2作目「コクリコ坂から」を述懐
メニュー

宮崎吾朗「映画づくりやっとわかった」 監督2作目「コクリコ坂から」を述懐

2012年3月7日 16:28

「コクリコ坂から」トークショーに登場した 宮崎吾朗監督、長澤まさみ「コクリコ坂から」

「コクリコ坂から」トークショーに登場した
宮崎吾朗監督、長澤まさみ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年の邦画興行収入No.1に輝き、第35回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した「コクリコ坂から」のDVD&ブルーレイ発売を記念し3月7日、メガホンをとった宮崎吾朗監督と、ヒロインの女子高生・海の声を担当した長澤まさみが都内でトークショーを行った。

宮崎監督にとっては、ほろ苦いデビューとなった「ゲド戦記」(2006)以来5年ぶりとなる監督2作目。「映画づくりがやっとわかった作品。『ゲド』は怖いもの知らずの部分もあったが、今回はわかっていたつもりのことが『実はそうじゃない』と突きつけられたようだった」と述懐した。プレッシャーも大きかったといい、「歯を食いしばりながら絵コンテを描いていたら奥歯が割れてしまったし、(髪の毛も)だいぶ薄くなった」と苦労話に事欠かない。それでも「先日見直したら、意外と面白い(笑)。ジブリも決して余裕があるわけじゃないので、DVDを1枚でも多く売りたい」とアピールにも熱がこもる。

東京オリンピックを翌年に控える1963年の横浜を舞台に、平凡な女子高生の海が、新聞部の風間俊(岡田准一)や生徒会長の水沼史郎のペースに巻き込まれながら、ドタバタな日常生活をおくる姿を笑いあり、涙ありで描く。「なかよし」(講談社刊)で1980年1~8月号に連載されていた少女漫画を長編アニメ化した。

長澤は、本作で長編アニメの声優に初挑戦し「ジブリで育ったのでうれしい反面、プレッシャーも。吾朗監督はとても厳しくて、声質を決めるだけで半日かかった」。映画が描く時代背景について「当時の人たちは恋愛も含めて、純粋で前向きな力強さがあったと思うし、今を生きる人たちが求めるものが映し出された作品なんだと思う」と持論を披露した。

コクリコ坂から」DVD&ブルーレイは6月20日発売。

ゲド戦記[DVD] ゲド戦記[DVD] 最安価格: ¥3,691 宮崎吾朗第1回監督作品。原作は世界的ベストセラーで、宮崎駿も『風の谷のナウシカ』などに多大な影響を受けたと公言するファンタジー。
NHK ふたり/コクリコ坂・父と子の300日戦争~宮崎駿×宮崎吾朗[DVD] NHK ふたり/コクリコ坂・父と子の300日戦争~宮崎駿×宮崎吾朗[DVD] 最安価格: ¥2,401 巨匠・宮崎駿監督と、その息子でアニメーション映画監督の宮崎吾朗。衝突しながらも、“映画を作る”という同じ目的に向かい情熱を燃やすふたり-父と子の絆を、映画「コクリコ坂から」を通して描いたメイキング・ドキュメンタリー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi