“僕達急行ラッピング電車”が出発!松ケン&瑛太も感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月3日 > “僕達急行ラッピング電車”が出発!松ケン&瑛太も感激
メニュー

“僕達急行ラッピング電車”が出発!松ケン&瑛太も感激

2012年3月3日 14:30

“僕達急行ラッピング電車”出発式に参加した 松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、村川絵梨「僕達急行 A列車で行こう」

“僕達急行ラッピング電車”出発式に参加した
松山ケンイチ、瑛太、貫地谷しほり、村川絵梨
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 森田芳光監督の遺作となった「僕達急行 A列車で行こう」の公開を記念し3月3日、神奈川・京急ファインテック久里浜事業所で“僕達急行ラッピング電車”の出発式が行われ、松山ケンイチ瑛太貫地谷しほり村川絵梨が出席した。

車外のラッピングをはじめ、車内の中吊り広告や案内なども「僕達急行」一色。「まさかこんな電車を作っていただけるなんてビックリ」(松山)、「自分の写真がこんなに車内に飾られた経験はない。本当に貴重な機会」(瑛太)と感激しきりだ。同電車(1編成8両)は、3月4日から京急線三崎口駅から泉岳寺駅間を1日3往復程度運行される。

“鉄ちゃん”と呼ばれる鉄道オタクの青年2人を主人公に描く青春コメディ。大手企業に勤めるマイペース男子・小町(松山)と、経営危機を迎えつつある実家の鉄工所勤務の小玉(瑛太)が共通の趣味である鉄道を通じて出会い、周囲に幸せの輪を広げていく。東京と九州が舞台になっており、東京パートでは京急線にスポットが当てられ「傷心した僕が京急の歩道橋でたたずむシーンもある。映画にとって重要な路線だし、なつかしい写真に囲まれるといろんなことを思い出す」(松山)。

森田監督が10数年の構想を経て、鉄道へのこだわりを貫いた本作。松山は「椿三十郎」「サウスバウンド」(ともに2007)に続き3度目のタッグで「どの現場も楽しかった。監督自身、とても多趣味な方だったし、好きなことがたくさんあると豊かなんだと教えていただいた」。瑛太も「映画、そして人が大好きな監督だった。この役を演じるときも、とてもさわやかな気持ちで、よく笑っていられた現場だった」と最後の森田組をしみじみ振り返った。

僕達急行 A列車で行こう」は3月24日から全国で公開。

サウスバウンド スペシャル・エディション[DVD] サウスバウンド スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,523 森田芳光監督が贈る家族愛コメディ!ユニークで過激な父親に引っ張られ東京から西表島へと奔放に旅立つ理想の家族を描いた、直木賞作家・奥田英朗の同名ベストセラー小説を映画化!
武士の家計簿[DVD] 武士の家計簿[DVD] 最安価格: ¥1,523 刀ではなく、そろばんで、家族を守った侍がいた 森田芳光監督、堺雅人主演で贈る、<家族>の物語

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi