巨匠ヘルツォーク最新作トークイベントに糸井重里も飛び入り参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年3月2日 > 巨匠ヘルツォーク最新作トークイベントに糸井重里も飛び入り参加
メニュー

巨匠ヘルツォーク最新作トークイベントに糸井重里も飛び入り参加

2012年3月2日 14:30

トークショーに飛び入り参加した糸井重里「世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶」

トークショーに飛び入り参加した糸井重里
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ドイツの巨匠ベルナー・ヘルツォーク監督のドキュメンタリー映画「世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶」の公開を記念し3月1日、トークイベントが行われ、洞窟壁画に造詣の深い写真家の石川直樹氏と港千尋氏が出席。客席にはエッセイストの糸井重里の姿も見られ、飛び入りで参加し映画の感想を語った。

1994年に南仏で発見され、3万2000年前に描かれた洞窟壁画が確認されているショーベ洞窟。映画では、この壁画を3Dカメラで撮影した映像と研究者や洞窟に携わるさまざまな人々の話で綴られており、日本語版ではオダギリジョーがナレーションを務めている。

写真家として活躍するとともに、世界中の洞窟壁画をめぐってきた2人だが、3Dで壁画が撮影されたことの意義について言及。石川氏が「洞窟の奥行きや、壁面の凹凸に関する部分が詳細に描かれており、至福の映像体験でした」と絶賛すれば、港氏は「発見されてから、映像として見るのに20年近く経ったけど、3D技術や新たな発見があり、この20年が無駄じゃなかったと感動しました」と感慨深げに語った。


写真家の石川直樹氏と港千尋氏「世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶」

写真家の石川直樹氏と港千尋氏
[拡大画像]

貴重な遺跡を守るため、洞窟内での撮影は1日最大4時間、計6日間という厳しい制限の下で行われた。このショーべ洞窟では子どもの足跡が確認されているが、世界各地の洞窟壁画でも同様に子どもの足跡が見つかっているとともに、子どもが洞窟壁画の第1発見者になることが多い点を指摘した石川氏。「大人に見つけられない穴を子どもが見つけるというのはすごく面白い」と話し、港氏も「洞窟に入るには、子ども時代にしか持っていない感覚や知覚が必要なのかもしれない」とうなずいた。

映画を鑑賞したばかりの糸井は、「洞窟の中にいた僕らの知らない3万年前の芸術家に対する深い敬意が生まれたし、それを消すことなく伝えてくれた監督にも敬意を払いたい」と映画を称賛。その一方で、「現代の人(=ヘルツォーク監督)がつけた色(=解釈)に関しては、見たお客さんが判断するもの。そういう意味で見るのに工夫が必要な難しい映画でした」と感想を語った。

世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶」は、3月3日から3週間限定で公開。

アギーレ・神の怒り[DVD] アギーレ・神の怒り[DVD] 最安価格: - 黄金郷を求めてアマゾン奥地へ踏み込んだスペインの征服者たちが陥っていく狂気を描いた、ベルナー・ヘルツォーク監督が贈るドラマ。
戦場からの脱出[DVD] 戦場からの脱出[DVD] 最安価格: - ベトナム戦争時の実話を、ヴェルナー・ヘルツォーク監督によって映画化した戦争アクション!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi