松本人志監督作がフランスで特集上映 “映画の殿堂”が認めた! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月25日 > 松本人志監督作がフランスで特集上映 “映画の殿堂”が認めた!
メニュー

松本人志監督作がフランスで特集上映 “映画の殿堂”が認めた!

2012年2月25日 06:00

昨年、第64回ロカルノ国際映画祭に出席した松本人志監督「しんぼる」

昨年、第64回ロカルノ国際映画祭に出席した松本人志監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松本人志が監督を務めた映画「大日本人」「しんぼる」「さや侍」が、“映画の殿堂”とうたわれるフランスの文化施設「シネマテーク・フランセーズ」で、3月23日に特集上映されることが決まった。同施設のプログラムディレクター、ジャン=フランソワ・ロージャー氏は「松本人志が作る映画は、ラジカルで、斬新で、笑いを誘う。松本人志は日本の映画監督の中で、最もエキセントリックだ」と絶賛している。

「シネマテーク・フランセーズ」は、世界各国からコレクションした4万本以上の映画を保管する、仏政府出資の私立文化施設。同施設で特集上映が行われるのは、世界に認められた監督作品だけだ。過去にはフランソワ・トリュフォーアルフレッド・ヒッチコックスティーブン・スピルバーグをはじめ、日本では黒澤明今村昌平ら巨匠に限定される。松本監督のように、3作品で特集上映が行われることは異例といえる。

また、「さや侍」が3月7日に開幕する、欧州最大のアジア映画の祭典・第14回ドーヴィルアジア国際映画祭のメインコンペティション部門に正式出品されることも決定した。松本監督にとっては、「しんぼる」から2作連続での出品となり、上映される3月8日に渡仏し舞台挨拶を行うという。

同映画祭のジェローム・ラセール氏は、「『大日本人』、そして2010年のメインコンペティション招待作品だった『しんぼる』で、松本人志監督の仕事を高く評価するとともに、私たちドーヴィルアジア映画祭は、とてつもないオリジナリティ、そしてスペシャルな世界観をもつ監督が誕生したことをうれしく思っています」とコメントを寄せている。なお、「さや侍」は5月9日から同国15館での一般公開も決定。欧米での松本監督の評価は、日に日に高まっている。

さや侍[DVD] さや侍[DVD] 最安価格: ¥3,201 鞘(さや)しか持たない侍とその娘、30日間の戦い。松本人志監督が、映画初出演の“素人”野見隆明主演で贈る時代劇ドラマ。
大日本人 通常盤[DVD] 大日本人 通常盤[DVD] 最安価格: ¥108 カリスマお笑い芸人・松本人志の第1回監督作品。有事の際に政府の依頼を受けて事態を解決するヒーロー・大佐藤の戦いの日々をドキュメントタッチで描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi