女子高生シンガーKylee、映画「シグナル」主題歌に大抜てき : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月20日 > 女子高生シンガーKylee、映画「シグナル」主題歌に大抜てき
メニュー

女子高生シンガーKylee、映画「シグナル」主題歌に大抜てき

2012年2月20日 10:00

新曲「未来」が映画主題歌に決まったKylee「シグナル」

新曲「未来」が映画主題歌に決まったKylee
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米在住の女子高生シンガー・Kyleeの新曲「未来」が、関口尚の人気小説を映画化する「シグナル 月曜日のルカ」の主題歌に起用されることになった。Kyleeは弱冠17歳ながら、昨年12月に行われた「FIFAクラブワールドカップジャパン2011」でオフィシャルソング「NEVER GIVE UP!」を7万人の観衆の前で披露し、1月にはバラク・オバマ米大統領の前で国家独唱した注目の若手歌手だ。

主題歌「未来」は、「限界なんて決めたくないんだ、笑えるまでは泣いたっていいから……」「描いた夢を捨てたりしない、夜の向こうにはヒカリがまってる」と、未来に向けて希望を歌い上げる意欲作。Kyleeは、「素晴らしいラストシーンにとても感動しました。苦しいことや自分ではどうにも出来ないことに出合っても、描いた夢に向かってまっすぐに進みたいといつも思っています。未来はいつも広がっています!」とコメントを寄せている。

佐賀県出身の新人女優・三根梓が、映画初出演にして主演を務めることでも大きな話題を呼んでいる「シグナル」。ノスタルジックな雰囲気が漂う映画館「銀映館」を舞台に、ある事件をきっかけに映画館から3年間一歩も出られなくなった杉本ルカ(三根)と、3つの不思議な約束を交わして劇場でアルバイトを始めた恵介(「AAA」の西島隆弘)の“ひと夏の恋”を描く。

メガホンをとった谷口正晃監督は、同楽曲を聴き「美しい絶唱に祝福されたヒロインの『未来』。ラストシーンに込めた思いのすべてを、こんなにも見事にあらわしてくれるなんて。映画を作った人間として、これほどうれしいことはないです」と絶賛している。

シグナル 月曜日のルカ」は、6月9日から全国で公開。

時をかける少女(完全生産限定版)[DVD] 時をかける少女(完全生産限定版)[DVD] 最安価格: - 不朽の名作『時をかける少女』のその後の物語を描いた実写映画。監督:谷口正晃
愛のむきだし[DVD] 愛のむきだし[DVD] 最安価格: ¥4,380 世界が認めた衝撃のエンターテインメント超大作 237分の衝撃─。実話をベースに描く、無敵の“純愛”エンターテインメント 出演:西島隆弘

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi