瑛太「天才、秀才、尊敬してる」初共演の松ケンを褒めちぎる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月19日 > 瑛太「天才、秀才、尊敬してる」初共演の松ケンを褒めちぎる
メニュー

瑛太「天才、秀才、尊敬してる」初共演の松ケンを褒めちぎる

2012年2月19日 13:52

息の合ったトークを披露した 松山ケンイチと瑛太「僕達急行 A列車で行こう」

息の合ったトークを披露した
松山ケンイチと瑛太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年12月、61歳の若さで急逝した森田芳光監督の遺作となった「僕達急行 A列車で行こう」のプレミア試写会が2月19日、東京・品川プリンスシネマで行われ、主演を務める松山ケンイチ瑛太貫地谷しほり、ピエール瀧ら出演者が舞台挨拶に登壇。森田監督の思いが詰まった本作の“出発進行”を祝った。

松山と瑛太は本作が初共演で「柔らかい空気感で助けてもらった。また一緒に何かやれたら」(松山)。一方の瑛太も以前から共演を切望していたといい、「もっとにらみ合ったり、エネルギーをぶつけ合う現場になると思ったが、松山くんと一緒にいると優しい気持ちになれて、『そういえば、自分のペースって何だっけ』と気づかせてくれた。天才、秀才、尊敬しています」と褒めちぎった。

“鉄ちゃん”と呼ばれる鉄道オタクの青年2人を主人公に描くオリジナルのコメディ。大手企業に勤めるマイペース男子・小町(松山)と、経営危機を迎えつつある実家の鉄工所勤務の小玉(瑛太)が共通の趣味である鉄道を通じて出会い、周囲に幸せの輪を広げていく姿を描いた。構想期間に10数年を費やし、劇中に登場する電車車種は20路線80型式。生前、森田監督は「これほど多くの電車が登場するのは、日本映画史上初でしょうね」とこだわりを語っていた。

松山は「森田監督の遺作になってしまったが、人は趣味を通して誰かとつながり、人生を豊かにできるという大事なメッセージがこめられている」と力説。瑛太は「亡くなられたことはすごく残念ですが、今は(映画の公開を)すごく喜んでいるはず」と思いを馳せた。また、ヒロイン役の貫地谷は「監督のおかげで、現場はほわっとした雰囲気だった」。鉄道マニアの会社社長を演じた瀧は「演じている僕らも度肝を抜かされる演出ばかりだった」と最後の“森田組”を振り返った。

僕達急行 A列車で行こう」は3月24日から全国で公開。

のだめカンタービレ DVD-BOX[DVD] のだめカンタービレ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,468 強烈なキャラクターの音大生たちがクラシック音楽に真摯に向き合う姿をギャグ満載に描いたそのギャップ感が意表を突く、音楽ドラマの快作!出演:瑛太
うさぎドロップ[Blu-ray/ブルーレイ] うさぎドロップ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,074 宇仁田ゆみ原作のコミック『うさぎドロップ』が実写映画化!松山ケンイチ×香里奈×芦田愛菜 豪華共演で贈る、とびきりハートウォーミングな物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi