伊勢谷友介、大作並みのPR奔走も「Twitterで怒られた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月18日 > 伊勢谷友介、大作並みのPR奔走も「Twitterで怒られた」
メニュー

伊勢谷友介、大作並みのPR奔走も「Twitterで怒られた」

2012年2月18日 15:00

監督作が初日を迎え感無量の伊勢谷友介「セイジ 陸の魚」

監督作が初日を迎え感無量の伊勢谷友介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の伊勢谷友介が2月18日、2度目のメガホンをとった「セイジ 陸の魚」の初日舞台挨拶を、主演の西島秀俊、共演する新井浩文とともに行った。

公開を前にテレビ、雑誌、ウェブと数多くの媒体で取材に応じた伊勢谷に対し、西島は「とにかく宣伝に出まくっていて、すごいなと思った」。当の伊勢谷は「大作並みの宣伝をしたが、逆に『もっと上映しろ』ってtwitterで怒られた」と嘆き節だ。現時点では舞台挨拶に立った東京・テアトル新宿をはじめ、全国でも数スクリーンでの上映だが「今後は東北でも上映できれば」と意欲を燃やした。

伊勢谷にとっては、デビュー作「カクト」(2003)以来、8年ぶりの監督作。旧道沿いのドライブインを舞台に、寡黙だが人々を引きつける魅力をもった店主のセイジ(西島)と、夏休みを利用し自転車旅行に出かけた“僕”(森山未來)の交流を通して、人間同士のきずなと、傷ついた魂の救済を問いかける。

辻内智貴の同名小説を映画化しており、「原作はセイジをどこか神さま扱いしているように感じた。映画では、もっと(セイジの言動を)人間の所業として描かないとお客さんに届かないと思った」。セイジを演じる西島は「人それぞれが“違うこと”が大切。自分のもつ可能性を伸ばすことが、生きていく理由だと思う」と本作が投げかけるテーマを語った。

ドライブインの常連客を演じた新井は「夜、散歩していたら、女性が入る露天風呂が見えたんですよ」と大はしゃぎ。「忙しくて、誰も気づいていない」(伊勢谷)、「そもそも夜、散歩しないし」(西島)と冷ややかな視線にさらされていた。

カクト[DVD] カクト[DVD] 最安価格: ¥3,175 監督、脚本、主演の一人三役を伊勢谷友介がこなした青春映画。
ストロベリーナイト Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ストロベリーナイト Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 原作は誉田哲也のシリーズ累計140万部を超えるベストセラー小説。美しく強くミステリアス"な女性刑事を描いたサスペンスドラマ。出演:西島秀俊

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi