巨匠アルモドバルの問題作「私が、生きる肌」ポスター公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月12日 > 巨匠アルモドバルの問題作「私が、生きる肌」ポスター公開
メニュー

巨匠アルモドバルの問題作「私が、生きる肌」ポスター公開

2012年2月12日 16:00

巨匠アルモドバルの「究極の問題作」「私が、生きる肌」

巨匠アルモドバルの「究極の問題作」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督の最新作「私が、生きる肌」のポスタービジュアルが、このほど公開された。

オール・アバウト・マイ・マザー」など女性の深遠をあぶり出してきたアルモドバル監督が、「アタメ」以来、22年ぶりにアントニオ・バンデラスとタッグを組んだ。仏作家ティエリー・ジョンケのミステリー小説「蜘蛛の微笑」を脚色し、倒錯した愛の形を描く。第64回カンヌ映画祭コンペティション部門で上映され、話題を呼んだ。

妻の死後、天才形成外科医ロベル・レガルは、“完璧な肌”に関する遺伝子実験に、人生のすべてをかけていた。実験が最終段階に差しかかると、ロベルは監禁した人間の肉体に開発中の人工皮膚を移植。ベラ・クルスという亡き妻に生き写しの美女をつくり上げる。

バンデラスは亡き妻への愛に捕らわれた天才医師を演じる。完璧な肌を移植されたベラ役で、「この愛のために撃て」(フレッド・カバイエ監督)のエレナ・アナヤが共演。異様な運命をたどるふたりの欲望と狂気に満ちた関係を体現する。

ポスタービジュアルは、「あなたは、これを愛と呼べるか」というキャッチコピーを掲げ、本作の危険な魅力を予感させる。感情を失ってしまったかのようなバンデラスの表情、無心に空を見つめ、肌をさらすアナヤの異様な姿が強烈なインパクトを放つ。ラブストーリーともサスペンスとも読み取れる今作は、究極の愛の形を問いかける。

私が、生きる肌」は、5月26日から全国で公開。

抱擁のかけら[DVD] 抱擁のかけら[DVD] 最安価格: ¥3,292 巨匠ペドロ・アルモドバルが、女優、映画監督、女優のパトロンの実業家の愛と欲望が入り乱れる危険な三角関係を描いた究極の愛の物語。
スパイキッズ[DVD] スパイキッズ[DVD] 最安価格: ¥1,080 誘拐された元スパイの両親を救うため、二人の子供たちが黒幕に立ち向かう。アントニオ・バンデラス主演で贈る傑作アクション・ムービー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi