成宮寛貴“分身”の「成歩堂ダルマ」にご満悦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月11日 > 成宮寛貴“分身”の「成歩堂ダルマ」にご満悦
メニュー

成宮寛貴“分身”の「成歩堂ダルマ」にご満悦

2012年2月11日 15:25

成歩堂ダルマに目入れしたキャスト陣「逆転裁判」

成歩堂ダルマに目入れしたキャスト陣
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 発売から10年余で累計420万本を売り上げた人気ゲーム・シリーズを映画化した「逆転裁判」が2月11日、全国275スクリーンで初日を迎えた。三池崇史監督が、キャラクターの造形も含めゲームの世界観をそのまま実写化。メイン館の東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズは初回上映から完売となる順調な出足を見せた。

新米弁護士・成歩堂龍一役で主演の成宮寛貴は、「撮影はギザギザ(のカツラをかぶること)から始まりました。衣装も最初は見慣れなくて、やばいと思い、監督に『大丈夫でしょうか?』と聞いたくらいです」とクランクイン当時の心境を吐露。それでも、「CGやセットがすごくて、悩みや不安がありながらも興奮して撮影に臨んでいました。楽しい、ドキドキワクワクする映画として愛されていってほしい」とアピールした。

衣装の話題は、共演者にも“伝染”。成歩堂のライバルで幼なじみの検事・御剣怜侍役の斎藤工は、「人気のキャラクターなので、ゲームのファンに殺されるのではとビクビクしていた。まだ油断はできないので、これからも身を潜めて生きていきます」とジョーク交じりに吐露。石橋凌にいたっては、周囲から「タカラジェンヌみたい」と言われたそうで、「姿見を見て、しばらく声が出なかったが、誰がタカラジェンヌやねんっという感じ。高校生からバンドを組んで髪が長いときもあったが、(衣装の)フリフリは初めて。これが何をしていても邪魔になった」と話し、会場の笑いを誘った。

順調なスタートを記念して、成歩堂をイメージしたダルマが登場。成宮を筆頭に斎藤、桐谷美玲中尾明慶、石橋、小日向文世、三池監督の順で思い思いの「目入れ」を行った。完成した「成歩堂ダルマ」は、成宮の目が強調され、まつ毛なども施した目のパッチリした顔立ち。本人も「スゲエ」を連発し、終始ご機嫌だった。

獣医ドリトル DVD-BOX[DVD] 獣医ドリトル DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,006 小栗旬扮する凄腕獣医が動物たちと人間の関係を問い直していく、極上のヒューマンドラマ! 出演:成宮寛貴
クローズZERO スタンダード・エディション[DVD] クローズZERO スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,462 高橋ヒロシの大人気コミック『クローズ』をベースにしながら、原作とは異なるキャラクターやストーリー展開を見せた不良少年たちの物語。監督:三池崇史

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi