盟友・原一男が明かす、ドキュメンタリー作家・木村栄文の意外な一面 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月11日 > 盟友・原一男が明かす、ドキュメンタリー作家・木村栄文の意外な一面
メニュー

盟友・原一男が明かす、ドキュメンタリー作家・木村栄文の意外な一面

2012年2月11日 22:05

木村栄文との思い出を語る原一男「ゆきゆきて、神軍」

木村栄文との思い出を語る原一男
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 稀代のドキュメンタリー作家・木村栄文の追悼上映イベント「公開講座 木村栄文レトロスペクティブ」が2月11日、東京のオーディトリアム渋谷で開催され、映画監督の原一男がトークショーに出席した。

木村はRKB毎日放送のディレクターとして、「苦海浄土」「まっくら」「あいラブ優ちゃん」など、約40年間に渡り数多くのドキュメンタリーを制作し、芸術祭賞など数々のドキュメンタリー賞を受賞した。同イベントでは、2011年3月に逝去した木村の多彩な作品群を一挙公開する。

木村と親交の深かった原監督は、「僕の監督作『ゆきゆきて、神軍』に対し、木村さんの『こういうことをドキュメンタリーでやってはいけない』というようなシビアなコメントが新聞に載ったことがある。だけどその後、実際にお会いして打ち解けて、栄文さんの作品を送ってもらって全部見た。そしたら僕以上にドキュメンタリーでタブーとされていることをやっていてビックリした」と明かし、笑いを誘った。また、「栄文さんの映画作りの方法論を知りたくてそのあと何度もインタビューしたけど、結局納得のいく答えは聞かせてもらえなかった。僕は聞かれれば何でも話すけど、彼は言い訳をしたくないのか話さなかった。彼の美学ではないだろうか」と分析していた。

そして、「彼は映画青年で、テレビの構成とはまた違う劇映画に近い撮り方をしている。どこかフィクションを想起させる作品が多く、今でも天国の栄文さんにどんなことを考えてその手法を用いたのか聞きたい」と故人を懐かしんだ。さらに、「彼は非常にもてた。特に中高年の女性から好意をもたれる。おそらくそれは、彼のもって生まれた性質で相手がつい気を許してしまう。これは映画作りにおいてとても大事なこと」と木村の知られざる人柄を語った。

「公開講座 木村栄文レトロスペクティブ」は、2月11日~3月2日まで開催される。

ゆきゆきて、神軍[DVD] ゆきゆきて、神軍[DVD] 最安価格: ¥3,926 原一男監督の代表作とも言えるドキュメンタリー。大戦中に起きた事件の真相を追究するアナーキスト奥崎謙三を追い続けた作品。
田原総一朗の遺言 ~藤圭子/べ平連 小田実~[DVD] 田原総一朗の遺言 ~藤圭子/べ平連 小田実~[DVD] 最安価格: ¥3,175 ドキュメンタリー番組の中から選ばれた珠玉の作品を、田原総一朗、水道橋博士と時代の証言者であるゲストと共に振り返りながら討論する。出演:原一男

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi