“無言”を貫いた「NINIFUNI」からは想像もつかない、宮崎将の素顔 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月8日 > “無言”を貫いた「NINIFUNI」からは想像もつかない、宮崎将の素顔
メニュー

“無言”を貫いた「NINIFUNI」からは想像もつかない、宮崎将の素顔

2012年2月8日 16:00

孤独な主人公を演じた宮崎将「NINIFUNI」

孤独な主人公を演じた宮崎将
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「イエローキッド」で国内外から高い評価を受けた若き新鋭・真利子哲也監督が、鬱屈(うっくつ)とした地方都市を舞台に、ある犯罪をおかした青年の姿を42 分間で描き出した「NINIFUNI」。「EUREKA ユリイカ」で鮮烈なデビューを果たした宮崎将(崎は正式には旧字体)が、当時を想起させるような寡黙(かもく)な芝居で、あてどなく国道をさまよう孤独な主人公・田中を演じている。

本作は、若手クリエイター発掘・育成プロジェクト「コ・フェスタPAO」の映画部門で製作されたが、ロカルノやロッテルダムなどの国際映画祭に招待されるなど、その評判の高さから「FULL VOLUME Ver.」として異例の単独劇場公開が決まった。ある田舎町で事件を起こした青年が、奪った車で国道をさまよい、やがて人気のない海岸にたどり着く。そこに、青年の境遇と対照的ともいえる、きらびやかなアイドルのPV撮影隊がやってくるが……。

「撮影前に『イエローキッド』を見て、すごい格好いい映画だなと思いました。『NINIFUNI』の僕は全然格好よくないけど」と屈託なく笑う宮崎。「EUREKA ユリイカ」にはじまり、「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」など影を背負った役柄を演じることが多いが、素顔の本人はいたって謙虚な好青年だ。これまでのイメージもあってか、「真利子監督は僕のことを、怖い人だなと思っていたらしい(笑)。だけど初対面のとき、しっかりと自分の気持ちやタイトルの意味を伝えてくれて、自分と監督が同じようなことを共有できている気がしてやりたいなと思いました」と信頼を深めた。タイトルの「NINIFUNI」とは、仏教用語の「而二不二(ににふに)」からきており、「2つにして、2つではない(1つのもの)」という意味をもつ。

主人公に一切のセリフはなく、ただただ国道沿いをさまようだけでストーリーを語らなければならない。「セリフがないのは気にならなかったですね。覚えなくていいからラッキーってくらい(笑)。ただ歩き方だけは決めておこうと、ロケハンに行った時に監督と一緒に考えました。2人で海辺を歩きながら、足をひきずったり、微妙にはねてみたり。田中が車で走った道も2人でひたすら走って、田舎の国道沿いっていくら走ってもあまり変化がないよねって話をしたのをよく覚えています」と役を捉えていた。そこには、「田中には生きることと死ぬことの境目がなくて、そこに特別な意味づけをもっていない。『こうだ!』と決めつける映画じゃないから、僕自身もどこかモヤモヤなまま、見る人が好きなように受け止められるような作品になればいいと意識していました」と宮崎なりの解釈があった。


画像2

(C)ジャンゴフィルム、真利子哲也
[拡大画像]

真利子監督とは同世代だが、「年齢的なことは意識しなかったけど、とてもコミュニケーションがとりやすかった気はします。ただ、監督は監督ですからね。なんで真利子監督はこれを作りたいのかなって興味はずっとありました」と話す。また、人気アイドルグループ「ももいろクローバー」(出演当時の名称、現在は「ももいろ クローバーZ」に改称)が劇中に本人役で登場することも話題だが、「監督はこの作品で『ももクロ』の大ファンになったみたいで、その話で盛り上がっていましたね(笑)。僕自身は撮影の待ち時間が好きで、考えごとをしたり共演者の方々と話したり、いくらでも待てるんです。撮影後のお風呂にも毎晩癒されていました」と、緊迫感あふれる本編からは想像もつかない現場の裏側を明かしてくれた。

衝撃的なデビューからおよそ12年、寡作ながら着実に俳優としての実績を積んできた宮崎は、今後どのような活躍を見せてくれるのだろう。「昔は漠然と“青春”がしたかったんです。田んぼの中を『わーっ!』と走るイメージにあこがれていた。最近はなぜか暗い役を演じることが多いけど、僕自身は幸せになろうと思っています」とマイペースに笑った。

NINIFUNI」は公開中。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD] ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD] 最安価格: ¥3,959 大森立嗣監督が、松田翔太、高良健吾、安藤サクラを主演に迎え、さまざまな問題を抱える3人の若者の逃避行を描いた青春ドラマ。出演:宮崎将
EUREKA ユリイカ[DVD] EUREKA ユリイカ[DVD] 最安価格: ¥4,104 青山真治監督が手掛けた人間ドラマ。九州の地方都市でバスジャック事件に遭遇し、辛くも生き残った運転手と幼い兄妹。彼らが負った心の傷の再生を描く感動作。出演:宮崎将

関連DVD・ブルーレイ情報

NINIFUNI[DVD] NINIFUNI[DVD]最安値: ¥2,426 EUREKA ユリイカ[DVD] EUREKA ユリイカ[DVD]最安値: ¥4,104 ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD] ケンタとジュンとカヨちゃんの国[DVD]最安値: ¥3,959
ゲゲゲの女房[DVD] ゲゲゲの女房[DVD]最安値: ¥1,629 私は猫ストーカー[DVD] 私は猫ストーカー[DVD]最安値: ¥3,292 初恋[DVD] 初恋[DVD]最安値: ¥1,652
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi