生田&吉高W主演「僕等がいた」ミスチル主題歌入り予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月31日 > 生田&吉高W主演「僕等がいた」ミスチル主題歌入り予告公開
メニュー

生田&吉高W主演「僕等がいた」ミスチル主題歌入り予告公開

2012年1月31日 12:00

矢野と七美の運命は……?「僕等がいた 前篇」

矢野と七美の運命は……?
(C)2012「僕等がいた」製作委員会 (C)2002小畑友紀/小学館
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 生田斗真吉高由里子がダブル主演した「僕等がいた 前篇」の予告編が、オフィシャルサイト(http://bokura-movie.com)で公開されていることがわかった。ロックバンド「Mr.Children」が手がけた主題歌「祈り~涙の軌道」が収録されている。

原作は、小畑友紀の同名人気コミック。2002年の連載開始以来、単行本(15巻まで)の累計発行部数1000万部を記録。「ソラニン」「管制塔」の三木孝浩監督がメガホンをとり、生田、吉高をはじめ高岡蒼佑、本仮屋ユイカ、柄本佑比嘉愛未須藤理彩らが出演した。

交通事故で恋人を失った過去を引きずる矢野元晴(生田)、一途に矢野に思いを寄せる高橋七美(吉高)の純愛を、前後編2部作で描く。前編は北海道・釧路を舞台に、ふたりの出会いと初恋に焦点を当てた。後編は舞台を東京に移し、離れ離れになっていた矢野と七美が再会し、葛藤(かっとう)しながらも未来へと再び歩み出す。

予告編は、故郷の釧路に帰省した七美が、矢野との出会いに思いをはせるシーンから始まる。ぶつかり合い、互いの気持ちを確認するふたりの恋心を、桜井和寿のボーカルがせつなく盛り上げる。前編だけでなく後編の映像も盛り込みながら、運命に翻弄されるふたりの姿を映し出した。

メガホンをとった三木監督は、「『僕等がいた』で描いたふたりの揺るぎない思いに、永遠という名の魔法をかけてくれたのがMr.Childrenの『祈り~涙の軌道』『pieces』でした。まさに“最愛”というテーマにふさわしいこの2曲が本当に胸に熱くしみました」と感激しきり。そして「デビュー20周年というメモリアルイヤーにMr.Childrenに主題歌を担当してもらえたことに、映画監督としても、Mr.Childrenのいちファンとしても、このうえない幸せを感じています」とコメントを寄せた。

僕等がいた 前篇」は3月17日、「僕等がいた 後篇」は4月21日から全国で公開。

Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SE...[Blu-ray/ブルーレイ] Mr.Children STADIUM TOUR 2011 SE...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 アルバム「SENSE」を引っ提げて行われたスタジアムツアーから、2011年9月18日・19日 セミファイナルとなった大阪公演の模様を完全収録。
蛇にピアス[DVD] 蛇にピアス[DVD] 最安価格: ¥3,036 金原ひとみのデビュー作にして芥川賞受賞作を、演劇界の鬼才・蜷川幸雄が完全映画化!主演:吉高由里子

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi