渡部陽一、トーク速度アップは「思いをより強く伝えたいから」!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月31日 > 渡部陽一、トーク速度アップは「思いをより強く伝えたいから」!?
メニュー

渡部陽一、トーク速度アップは「思いをより強く伝えたいから」!?

2012年1月31日 20:40

アフリカの現状を写真と共に伝えた渡部陽一「マシンガン・プリーチャー」

アフリカの現状を写真と共に伝えた渡部陽一
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 戦場カメラマンの渡部陽一氏が1月31日、映画「マシンガン・プリーチャー」の試写会に出席。映画で描かれる少年たちが拉致され、武器を持たされるアフリカの現状について、自らの経験を交えながらトークを行なった。

かつて麻薬売人でありながら、現在は“銃を持った神父”という異名をとり、アフリカのスーダンで子どもたちを守るための活動に尽力する、実在の人物サム・チルダースの戦いを描いた本作。ジェラルド・バトラーが主演および製作総指揮を務め、迫真の演技でサムを演じている。

戦場カメラマンとして、アフリカに幾度となく足を運んでいる渡部氏は「アフリカの現状はニュースを見ていてもなかなか伝わらない」ともどかしげ。さらに、「映画を見て胸に刺さるものがありました。犠牲者はいつも子どもたちなんです。彼らの声を届ける方法はいろいろあるということを、サムの姿から改めて感じることが出来ました」と強く感銘を受けたようだ。

渡部氏自身も、現地で少年兵に出くわしたことが何度もあるそうで、この日は映画の舞台のスーダンやソマリアで撮影した少年兵の写真を持参。「僕が戦場カメラマンになったきっかけのひとつはルワンダの内戦。そこで偶然かち合った少年兵たちは家族を守るために強制的に戦わされていました。少年たちの声を世界中に届けられないか? という思いがカメラマンになった理由のひとつにあります」と真しに語った。

最近は、アフガニスタンや東日本大震災の被災地で撮影を行なっていたという。「カメラマンとして自分にできるのは写真を撮ってたくさんの人の声を聞いていくこと」と語り、「復旧は進んでいますが、厳しい状況は続いています。今年も現地に飛び込めるように心がけたい。また彼らに会いに行き、変化を聞いていきたい」と継続的な活動を誓った。

最近は本業が忙しいようでテレビに出演する機会はグッと減ったが「メディアを通じて報告が出来れば多くの力をいただけます」とアピール。報道陣から「以前より話すスピードが速くなったのでは?」と聞かれると、「思いをより強く伝えたいと感じているのかもしれませんね」と首をかしげていた。

マシンガン・プリーチャー」は2月4日から公開。

オペラ座の怪人[Blu-ray/ブルーレイ] オペラ座の怪人[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 世界で最も有名な悲しくも美しい愛の物語を描いた、ジェラルド・バトラー主演のミュージカル・ラブロマンス。
300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス[Blu-ray/ブルーレイ] 300〈スリーハンドレッド〉 コンプリート・エクスペリエンス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 スパルタ軍の男たちの勇姿を描いた 『300〈スリーハンドレッド〉』 300人 vs 1,000,000人、真っ向勝負! 主演:ジェラルド・バトラー

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi