仲間由紀恵、高岡早紀に「もっといじめて」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月28日 > 仲間由紀恵、高岡早紀に「もっといじめて」
メニュー

仲間由紀恵、高岡早紀に「もっといじめて」

2012年1月28日 21:01

仲間由紀恵、GACKTらが出席した「劇場版テンペスト3D」初日挨拶「テンペスト」

仲間由紀恵、GACKTらが出席した「劇場版テンペスト3D」初日挨拶
[拡大画像]

[映画.com ニュース] BSプレミアムで放送されたドラマ「テンペスト」を角川映画が3D映画化した「劇場版テンペスト3D」が1月28日、全国157スクリーンで封切られた。主演の仲間由紀恵をはじめ、谷原章介塚本高史高岡早紀、GACKTが東京・有楽町の丸の内ピカデリーで初日舞台挨拶を行った。

原作は池上永一の同名ベストセラー。琉球王国末期の王宮を舞台に、美ぼうと才能を併せもつ女性・真鶴(まづる)が、性別を偽って政府の役人・孫寧温(そんねいおん)として、国と民のために懸命に生きる姿を描く。

身を投じて国を守ろうとするヒロインを演じた仲間は「真鶴の愛情の深さ、寧温の信念の強さを演じわけるのは難しかった。今ではふたりとも大好きな存在で、私にとってはあこがれ」と挨拶。さらに「舞台、ドラマ、映画と長い時間かかわった作品なので、(初日を迎え)作品を手放すのはさみしい」と思いを語った。

一方、GACKTは琉球乗っ取りをもくろむ徐丁垓(じょていがい)を怪演し、「見た目が怖い役なので、スーパースマイルで現場に乗り込んだ」。口に収まりきらない舌をもつ設定で「監督からも『舌を出せ』とよく言われた。そうするとヨダレがだらだら垂れちゃうんですよ」と述懐。台湾向けの番宣CMでは、ヨダレが理由で口元がモザイク処理されたといい「台湾のファンから、なぜモザイクがかかっているのと質問された」と苦笑いだ。それでも、故郷を舞台にした作品への出演に「これを機会に沖縄の歴史に触れてもらえれば。僕自身も沖縄に貢献できてうれしい」と胸を張った。

また、劇中で仲間演じるヒロインと敵対関係になる高岡は「言っていることが結構きついが、それが楽しくって、由紀恵ちゃんも受け入れてくれた」。仲間も「もっといじめてくださいという気持ちだった」とまんざらでもない様子だった。

digi+KISHIN DVD 仲間由紀恵[DVD] digi+KISHIN DVD 仲間由紀恵[DVD] 最安価格: ¥3,096 写真家・篠山紀信が贈る、21世紀の新映像メディア“digi-KISHIN”の世界をDVD化。出演:仲間由紀恵
愛の流刑地[DVD] 愛の流刑地[DVD] 最安価格: ¥6,270 男と女の根源的な相違をテーマに深遠な愛を描いた、ベストセラー作家・渡辺淳一原作の恋愛小説を、岸谷五朗、高岡早紀主演でドラマ化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi