三浦友和、大人の余裕で“ライバル”はやぶさもアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月23日 > 三浦友和、大人の余裕で“ライバル”はやぶさもアピール
メニュー

三浦友和、大人の余裕で“ライバル”はやぶさもアピール

2012年1月23日 20:33

大トリはやぶさは3D公開「おかえり、はやぶさ」

大トリはやぶさは3D公開
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 藤原竜也主演の3D映画「おかえり、はやぶさ」の完成披露試写会が1月23日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われ、藤原をはじめ、前田旺志郎三浦友和本木克英監督が舞台挨拶に立った。

宇宙空間を孤独に航行した小惑星探査機はやぶさの7年にわたる軌跡を、オリジナルドラマで描き出す本作。昨年公開された「はやぶさ HAYABUSA」(20世紀フォックス映画配給)、2月公開の「はやぶさ 遥かなる帰還」(東映配給)と関連作品が相次いで公開されるなか、「3本のうちの大トリです。2時間見ても疲れない3D映像をいかに作るか苦労した」(本木監督)。三浦は「ぜひ東映さんの『はやぶさ』も見ていただければ。(の実父である)渡辺謙さんが出演されていますし」とライバルに塩を送った。

藤原はJAXA(宇宙航空研究開発機構)のイオンエンジンを担当するエンジニア助手を演じ、父親役の三浦との共演に「興奮した。緊張もしたが、すてきな空気を出してくださり、自然と現場を引っ張ってくれた」と最敬礼だ。新米理学博士を演じるも「3Dはもちろん、過去と現代をめぐる立体的な親子関係が描かれている」と本作が描く家族愛をアピール。また、宇宙にあこがれる小学生を演じた前田は「宇宙ってむっちゃかっこいい!」と興奮気味だった。

舞台挨拶には、JAXA名誉会長の的川泰宣氏も登壇し「特に若い人の力が際立った作品。これからの時代は若い力が必要なだけに、とても意味が大きい」と松竹版「はやぶさ」に太鼓判を押した。

おかえり、はやぶさ」は3月10日から全国で公開。

ALWAYS 三丁目の夕日[Blu-ray/ブルーレイ] ALWAYS 三丁目の夕日[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,010 「ALWAYS 三丁目の夕日」がBlu-ray化。舞台はまだ東京タワーが建設中だった昭和33年の日本、貧しくても夢に向かって明るく生きる人々の生活を描く。出演:三浦友和
ムサシ[DVD] ムサシ[DVD] 最安価格: ¥4,845 演劇界の至宝、井上ひさしと蜷川幸雄がタッグを組んだ舞台。主演:藤原竜也

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi