西島秀俊主演「CUT」韓国での公開が決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月15日 > 西島秀俊主演「CUT」韓国での公開が決定!
メニュー

西島秀俊主演「CUT」韓国での公開が決定!

2012年1月15日 18:00

ナデリ監督&西島の映画愛の結晶「CUT」

ナデリ監督&西島の映画愛の結晶
(C)CUT LLC 2011
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 西島秀俊が主演する「CUT」が2月上旬から韓国で上映されることが、配給を手がけるビターズ・エンドへの取材でわかった。国内では東京、神奈川、大阪など5スクリーンで公開中で「全国各地から上映のラブコールが届いており、現時点で約20館での拡大公開も決定した」(関係者)。リピーターも多く来場しているといい、旋風はしばらく続きそうだ。

インディペンデント映画の監督・秀二(西島)が、亡き兄が残した借金の返済、そして自らの映画愛を貫くため、“殴られ屋”を営む姿が名作映画へのオマージュを随所にちりばめながら描かれる。1月14日には、東京・シネマート新宿でメガホンをとったアミール・ナデリ監督と、共同脚本で参加した青山真治監督がトークショーを行い、シネフィル(熱狂的な映画ファン)同士の熱いトークを1時間以上繰り広げた。

ナデリ監督は「シネマート新宿だけで、すでに7000人以上のお客さんが来てくださり、大変光栄。青山監督の存在が、日本での映画製作を後押ししてくれた。改めてお礼を言いたい」と最敬礼。一方、青山監督はこの日、初めて本作を見たといい「もろ手をあげてすばらしいと言うのは照れくさい。唯一欠点があるとすれば(西島が)体を作り過ぎ。あんなガタイがいいシネフィルはいない」と笑いを誘った。

メールでのやりとりを通して、共同でのシナリオ執筆が進められたといい「やはりセリフは日本人に相談したほうがいいし、青山監督には『自由に書いてください』とお願いした」(ナデリ監督)、「実際に会うと妥協点を見出してしまうので、書きたいことを書いてそのままメールした。アイデアがあっさり却下されることもあり、すごく不愉快だった……。というのは冗談ですけど、とにかくお互いの立場が尊重し合えるようにしたかった」(青山監督)。劇中で西島がシネコンに対する怒りをぶつけるシーンについて、青山監督は「僕が書いたわけじゃない」と弁明。すかさず、ナデリ監督が「いや、書いたのはあなただ」と反論し、場内を大いに盛り上げていた。

あすなろ白書 DVD-BOX[DVD] あすなろ白書 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,538 大学時代から社会人になるまでの束の間の光り輝く瞬間を、ノスタルジックに描いた、柴門ふみ原作による名作青春ドラマが待望のDVD化!出演:西島秀俊
サヨナライツカ[DVD] サヨナライツカ[DVD] 最安価格: ¥3,324 中山美穂が12年ぶりに映画出演を果たした映画史に残る激しくも美しい珠玉のラブ・ストーリー。出演:西島秀俊

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi