KARAニコル、変装し「マイウェイ」試写会でチラシ配り : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月11日 > KARAニコル、変装し「マイウェイ」試写会でチラシ配り
メニュー

KARAニコル、変装し「マイウェイ」試写会でチラシ配り

2012年1月11日 12:45

(左より)突然の登場に喝采を浴びたカン・ジェギュ監督とKARAのニコル「マイウェイ 12,000キロの真実」

(左より)突然の登場に喝采を浴びたカン・ジェギュ監督とKARAのニコル
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「KARA」のニコルが1月10日、都内で行われた出演映画「マイウェイ 12,000キロの真実」で、来場者へのサプライズを敢行。カン・ジェギュ監督との舞台挨拶に加え、スタッフに変装し、入場時の受付でチラシを配布するという試みが行なわれた。

「ふだんはなかなか(一般の方の)近くにいけないので楽しみです」と、チラシ配りを楽しみにしていたニコルは、黒いスタッフジャンパーと黒縁の丸メガネで準備万端。満面の笑みを浮かべながら来場者に「どうぞー」とチラシを手渡したが、誰ひとりとしてニコルと気づくことはなかった。

登壇者が伏せられたままスタートした舞台挨拶では、メガホンをとったカン・ジェギュ監督が登場。続いてKARAの大ヒット曲「ミスター」がBGMに流れると、場内には悲鳴がわき上がり、拍手喝さいでニコルを出迎えた。チラシ配りについて、「バレずに成功しました。目が合っても全然気づかない人もいて、楽しかったです」と茶目っ気たっぷりにほほ笑んだ。

カン監督は、ニコルの起用に関して「正直に申し上げて、ニコルについてはあまり知らなかったんです。ニコルのお母さまと親しいので、彼女との話のなかでニコルに出てもらうことになった」という。そして、「KARAやニコルが日本でこんなに人気があるんだったら、もっと出番を増やせば良かったと後悔しています」と冗談交じりで説明した。

ニコルは、「チャン・ドンゴンさんと、オダギリジョーさんが、最初はライバル関係にあるけれど、どんどん友だちになっていきます。その姿に感動して泣いてしまいました」。さらに「現場で、監督やスタッフさんが大きなスケールや細かいディテールを一生懸命気にしている姿に、映画の魅力を感じました。私もいつか映画をやりたいです」と女優業への意欲を見せた。そんなニコルに、カン・ジェギュ監督から、映画の中で重要な役割を果たす“認識票”がプレゼントされた。

マイウェイ 12,000キロの真実」は、1月14日から全国で公開。

IRIS〔アイリス〕 <ノーカット完全版> BOXI[DVD] IRIS〔アイリス〕 <ノーカット完全版> BOXI[DVD] 最安価格: ¥6,156 韓国ドラマ初となる日本での全国ネット地上波ゴールデン放映という快挙を遂げたスパイアクションのBOX第1弾。カン・ジェギュ企画。
KARA BEST CLIPS[DVD] KARA BEST CLIPS[DVD] 最安価格: ¥2,527 2010年に日本中で一大旋風を巻き起こしたスーパーガールズグループ・KARAのPVを収めた映像集。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi