板尾創路、最新作監督は「すごく幸せな環境だった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月6日 > 板尾創路、最新作監督は「すごく幸せな環境だった」
メニュー

板尾創路、最新作監督は「すごく幸せな環境だった」

2012年1月6日 13:30

小説家デビューを飾った板尾創路「月光ノ仮面」

小説家デビューを飾った板尾創路
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 板尾創路が監督2作目「月光ノ仮面」のノベライズ版を出版し、1月5日、東京・リブロ渋谷店でサイン会イベントを開いた。

同作は古典落語「粗忽長屋」を題材にしており、ファンタジーとミステリーを織り交ぜた内容。昭和22年、戦死したと思われていた落語家が、思いもよらず帰郷して来るという場面から始まる。板尾自らが主演を務め、浅野忠信石原さとみらが共演。第35回モントリオール世界映画祭正式出品作品にも選ばれた。ノベライズ版も板尾自らが執筆しており、小説家としてもデビューを飾った形になっている。

映画制作時のエピソードとして板尾は、「予算とスケジュールは決まってましたけど、その範囲内であれば何でもやれる環境だった。映画を撮らせてもらう人間としてはすごく幸せだと思う」と感慨深げに振り返った。また、全体的にセリフが少なめである演出方法については、「僕はそういう演出が好きなので、どうしてもそうなってしまうんです。映画なのでテレビほど説明的じゃなくても大丈夫だと思っていて。敢えてそうしてる訳じゃないけど、表現方法として(自然とそうなっていた)」と監督としての自信を見せた。

先日、板尾の所属する吉本興業社長が、島田紳助さんの復帰を望む考えを公の場で語り話題に。紳助さんの後輩に当たる板尾は「僕も(社長と)同じ気持ちです。吉本のタレントはみんな(復帰してほしいと)思ってるんじゃないですかね」と、同意を示した。

月光ノ仮面」は1月14日より全国にて公開。

板尾創路の脱獄王[DVD] 板尾創路の脱獄王[DVD] 最安価格: ¥3,201 お笑い以外にも幅広く活躍する板尾創路の監督・主演による異色クライムサスペンス。幾度となく脱獄を繰り返し、“脱獄王”と呼ばれるようになった鈴木雅之は、脱出不可能といわれる監獄島へ移送されることになる
さや侍[Blu-ray/ブルーレイ] さや侍[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,015 松本人志監督が、映画初出演の“素人”野見隆明主演で贈る時代劇ドラマ。脱藩の罪で「三十日の業」の刑に処された、さやしか持たない侍・野見勘十郎。業に挑む中で、勘十郎と娘・たえの心の交流を描き出す

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi